LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「富豪刑事」

テレビ朝日/木曜:夜9時 <2005年1月13日ー>

テレビ番組 テレビ朝日
テレビドラマレビュー:「富豪刑事」


(出演/深田恭子、山下真司、升毅、寺島進、相島一之、鈴木一馬、載寧龍二、 野波真帆、西岡徳馬、夏八木勲、筒井康隆他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
放映前期待度:★★★と半

筒井康隆氏の同名小説のドラマ化。とんでもない大富豪の孫娘・神戸美和子が新人刑事になって、その浮世離れした発想と腐るほどの財力で難事件を解決しちゃう一話完結形式ののミステリー(ちなみに、原作では主人公は大富豪の息子・神戸大介ってことになっております)。

単純に、おもしろそうである。「マリー・アントワネットの生まれ変わりなの」などとアンポンタンなことをしばしば口走る深キョンだけど、女優ちゃんとしては○な彼女。叩き上げのむさ苦しいおじさんデカたち相手に、常人では理解できない深キョンワールドを爆裂させてくださることでしょう。

毎回彼女が身につける、絢爛ゴーカなお衣装やアクセサリーも見どころだそーな。その分、他のキャストに回しても良かったかしら・・(失礼。。でも、渋いけど共演陣が地味めなんだもーん。深夜ドラマみたいだもーん)。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
1月13日(木)オンエア分:★★★

だははっ、くっだらねーっ!ちっともミステリーなんかじゃなぁーいっ!でも・・、嫌いじゃないぞ。。

今回は新人刑事となった大富豪の孫娘・美和子が、着任早々時効迫る5億円盗難事件を、その常識離れした発想と有り余る財力に物言わせて解決に引っ張っていっちゃうお話。
で、冒頭でも申し上げましたが、推理モノとしての見どころは・・ない(笑)。

だけど、この深田嬢演じる美和子を始め、それを迎え撃つ叩き上げおぢデカたちがけっこーいいお味なの。締め上げて吐かせるしか能のないヤクザ系の布引やら、カッコ良いんだが悪いんだか良く分からない猿渡とか、刑事は体力としか思ってない体育系の鎌倉、陰で美和子に小学生レベルの意地悪をする鶴岡や狐塚・・などなど。ホントに揃いも揃って、役に立たなさそうなおじちゃんたちが、たまらんっ(何てゆーか、下町の定食屋の豪華版って感じ?)。

片や、メインのおかずの深キョンも予想通りの雰囲気&出来栄え。彼女って、いかにも演技が上手いってゆーのではなく、何をやってもどこまで行っても『深キョン』なんだけど、どんなお役でもそれなりに見えちゃう。ちょっぴりお馬鹿に見えて、やっぱりお馬鹿で・・・(こらこらっ)。いや・・女優さんって、そのくらいギリギリの方が、魅力的な場合もあると言いたいワケで(←本当よっ)。

本格ミステリーとはほど遠いけど、推理コメディとしては楽しめそうなのであります。。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
1月20日(木)オンエア分:★★と三分の二

お・・おっそろしいほど、つまんねー(笑)。

今回は、ある美術館に名画ばかりを盗む怪盗Xから「今度はおたくのを貰いにいくよん」と犯行予告が届いたことから始まるお話。で、美和子は狙われてる絵画の周りにもっと高価な絵を置いておくのはどーか?という、これまた常人離れした提案をする。「だってそーすれば、怪盗Xはどれが一番高いか分からなくなってパニックになり、そこを捕まえちゃえばいいと思うんですぅ」。。。。
誰もが『コイツ・・馬鹿・・?』と思ってたら、神山署長が「よしっ、そうしようっ!」。。。

たらぁーり。。。。
犯人の岡田真澄のおデコには「わてが犯人だす」と書いてあるし、トリックも推理も何もかんも見事にちゃっちぃー。。。
ああーんっ、でも不思議だわ。。何故だか腹は立たないの・・よぉーんっ

前回も同じよーなこと書き連ねましたが、深キョンのこのテのお役ってまるっと「学芸会」みたい・・。なのに、美和子をもし他の女優ちゃんがやったら、こーゆー役のキャラでも『ちょっとでも上手く見せたいっ』て役者根性が出てきて、多分すごーく冷めザメしちゃう気がするの。

だから、決してノリノリで見てるわけではなく、見逃してもじぇーんっじぇん口惜しくないけど(笑)、「こんなに毎回3人も容疑者出してたら、そのうちコマがなくなっちゃうよん?」みたいな(温水洋一殿とか、酒井俊也殿とかいった方々ね)要らぬ心配をしているあたくし。。
これは、一体何なのかしら?

考えるに・・これはやはりひとえに深キョンの『異質なブリブリぶり』かと・・。
彼女のブリブリって、どこか『一般の殿方を引かせるモノ』がある。。あんなに可愛いお顔してて、でも「うーん、ちょっとやめておこー。。」と思わせるモノがある。

付き合う殿方によってコロコロ変わる女子がよくいるけど、彼女はそういうことには左右されない「我が道どんどこ行きますっ」って感じがするの。
ご本人はそれをご承知かどーかは分からないけど、そこが女子にも好ましく映っているのでないか?と(いつまでも決して細くならないおみ足も、良かったりする)。

???れれれ?ドラマには直接関係ない方向に行っちゃったけど、とにかくそんな彼女の『人徳』で大目に見ちゃうドラマなのであった。。。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
1月27日(木)オンエア分:★★と四分の三

うんっ、ここはこれでよしっ。なのでー、敢えて申し上げることもないのだが。。
ちょこっとだけ。。

相変わらず、すんごぉーく、くだらない。
前回の捜査のために買った絵画が、買った時より高く売れてしまったとむくれる大富豪じーさん。そしたら、美和子がまた捜査のために会社を作る→お金を遣ってくれると聞き大喜び。
で、大学の偉いセンセとかその道のエキスパート集めて、作っちゃいました。その名も「ありすちゅうぞう」。
なんたって、鋳造会社なのに「ありす」だぞっ、おいっ。

もう、ホントにあらすじとかミステリーなんてどーでもいいのだった(笑)。
ただもうそこに深キョンがいて(まったく演技してるとは思えない→素のままにしか見えないのがすごい)、あれこれコスプレして、あのじーさんがいて、マニアックな犯人役の方々が出てくれば、もうそれで完成する。。

ちなみに今回の自腹捜査支出額は、748億4284万7765円だって。。
ふ、うふ、うふふふ。。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
2月3日(木)オンエア分:★★と五分の四

ここは何でもオーケーの自由解放区なのに、おやっ?今回はちょこっと推理モノとしても頑張っちゃった・・?

小さな町工場を経営する高森の息子・映一が誘拐され、犯人は身代金1千万円を要求。警察はその引き渡し現場を押さえようと追跡するが、まんまと奪われてしまう。でぇーっ、美和子ちゃんがまたまたセレブぅな作戦を提案。それは犯人が追加してきた身代金を1億まで引き上げて、その重さで犯人を動けなくさせちゃおうっ!とゆーモノ(あーん、だんだん今日は美和子ちゃんが何を言い出すかワクワクするようになってきちゃったじゃない。。)。

そのお金は当然美和子ちゃんがご用立てするんだけど、警察が用意したとバレないように高森にお金を渡すにはどーしたらいいか・・。するとじーさんが「家の前に10億置いておけば、その1割=1億が拾ったお礼になる」と言い出す始末。
ホントに困った一族。。で、結局は昔じーさんがよくやったカゴ抜け詐欺の逆バージョンという手法で、高森に1億を渡すことに成功?する。

本当にくだらない。。くだらないが、ここまで浮世離れしてるとかえって和むようになってしまったわ。。

それはさておき・・今回のオチは、けっこう意外性がございました。犯人は元経理の大沢。そしてこれに高森がからんでたのは予想できたけど、大沢殺害には何と息子の映一が。。この狂言誘拐がバレたら目指す一流中学に行けなくなると思い、大沢が死ぬように仕向けた恐るべきクソ坊主。。
それを推理したのは、じーさん・・。元極悪人らしいじーさんだから、このおとろしいクソ坊主の悪行が分かったのね・・とミョーに納得。

なかなかこわぁーい結末なのでありました。。
でもねぇ、ここのお役目は本格的ミステリーなんかじゃあっないのよっ。
「んなっ、馬鹿な・・」と呆れさせ、深キョンを着せ替え人形にし倒し、「あー、今回もくだらなかったなぁ♪」とニコニコさせるのが任務。

決してそこを間違えてはなりませぬっ。。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
2月10日(木)オンエア分:★★と五分の四

何ともビミョーに豪華なゲスト陣。。とゆーか、ゲストという感じもさせないのがすごい(笑)。
細川俊之、ガッツ石松、大和田伸也、寺田農、小木茂光・・といった皆々様方をお迎えして、このトホホなくだらなさ。。そこに感動すら覚えてしまう・・。

もうあらすじにも触れません。そんなものは、もうどーだっていいんだもぉーん。
深田嬢の「あのぉ、ちょっとよろしいでしょうか?」と、次々と変わるお衣装。
それに今回の「ヤクザのみなさぁーん、こちらでぇーす(きゃぴきゃぴっ)」に、ガッツ石松との「あなたが犯人ですね?」「オッケー牧場」のやりとりだけで、腰がヘナヘナと砕けて散るあたくし。。

それにしてもテレ朝というのは、ほとほと変わった局であります。刑事・法医学者・岡っ引きや将軍といった方々を、これでもかと延々とシリーズ化する。流行りモノには全く動じない独自のドラマ観をお持ちで、それも通常の3ヶ月クールのお約束をを無視したマイペースぶり。
かと思うと、お金も手間暇もかけてこーゆー超B級ドラマを作ってしまう(で、口惜しいことにけっこーツボ。。)。

やる気があるのか無いのか・・うううっ、分からぁああああああああああんっ!そのことの方がよっぽどミステリアスなのだった。。

(^^)/
今回の美和子ちゃんの自腹捜査費用は、6億と7千万ぐらいでちた。。これまで5回の費用をトータルしてみると・・約803億円でちゅ。。ばぶばぶぅっ♪

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
2月17日(木)オンエア分:★★と六分の五

にゃはっ、毎回「くだらないけど・・オモチロイ」以外、取り立てて書くことは無さそうで・・無いが、でも、ちょこっとだけ。。。

今回は美和子お嬢に一本取られちゃいました。3年前の未解決事件の遺体が埋められてそーな『焼畑ビジネスパーク』、絶対掘り返そうと言い出すに違いないと、おじちゃんデカの皆様同様あたくしもそう踏んでたのに・・「まさかっ、そんな馬鹿なことできるわけないじゃないですかっ!それにお金で事件が解決できるなら、警察なんて要らなくなりますっ」だって・・・。
この小娘ったら・・よくもヌケヌケと。。
でもこーやってハズされるのは・・嫌いじゃなくってよ。。

今回のビミョーなゲストは、篠井英介とマギーのお二人。そろそろネタも尽きるかと思ってたのに・・いろんなところから引っ張ってらっしゃる。

見たことあるけど名前まではちゃんと知らなくてぇ、大抵は犯人か死んじゃう人か隣人か同僚でぇ、絶対主役にはなれないけど居ると嬉しくてぇ、何らかの特徴(髭が濃いとか禿げてるとか目が怪しいとか)があるけど必要以上に目立たない、そーんな『B級掘り出し物』がゾクゾク登場するのが、マニアには堪りませんでしゅねー。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
2月24日(木)オンエア分:★★

推理やミステリーは最初から期待してないので別にいいんだけど・・、でも最近美和子が活躍し過ぎである。今回はこともあろうに、彼女に犯人を見抜かせ、自供までさせちゃうなんて、わなわなっ・・・そんなお姿は誰も期待してないってばっ(笑)。

美和子がいかに無謀な無駄遣いをしてくれるか?おぢ刑事達の反感を買ってくれるか?捜査を掻き混ぜてくれるか?どんなコスプレ見せてくれるか?すべてはそーゆー『お約束』にかかってる。
で、その無茶苦茶がほんのたまに偶然に事件解決に繋がってる、でもそれは誰も気づいてない、ってぐらいがいいのにっ。

そこんとこ間違えて、下手に美和子を刑事らしくしたらマニアは離れちゃうよーんっ。お気を付け遊ばせね。。

それにしても、嶋大輔がぱんぷくりんに太っててびつくり(でも、髪型は相変わらず)。『ゲストですっ』と堂々と言えない物悲しさもあったりして・・、でも毎週隠し球のよーに出てくるVシネマちっくなゲストの皆様はやっぱお楽しみ。

次は誰だろー?



posted by ちぃ@テレビ旬報 at 14:24 | 富豪刑事