LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「あなたの隣に誰かいる」

フジテレビ/火曜:夜9時 <2003年10月7日ー12月9日>

テレビ番組 フジテレビ
テレビドラマレビュー:「あなたの隣に誰かいる」

(出演/夏川結衣、ユースケ・サンタマリア、北村一輝、白石美帆、佐藤藍子、梶芽衣子、いかりや長介他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
放送前期待度:★★★と三分の一

フジテレビに届いた3通の手紙と1本のビデオテープを基に、独自の取材も加えて再構成されたという、実話ベースのホラーサスペンス。。

いやーん、これでもう既にこあい。。こあいけど、一度観出したらやめられなくなるかもしれない。それに主演が夏川結衣とユースケ・サンタマリアだもん。うーん、困ったわ。。怖いのは苦手なのに、興味しんしんなのっ。ううっ。でっ、ストーリーは、この二人演じる夫婦と一人娘が平凡で慎ましいながらも幸せに暮らしていたところに、突然遺産が舞い込み、大きな一軒家に引っ越した時から、様々な悪夢が始まる・・という展開。

皆さばご存知のとーり、ユースケって結構どんな役でもソツなくこなしちゃうから、この一家のおとーさん役もそれなりにイケル気がいたします。

あたくしの好きな夏川嬢も民放ドラマは久々だし・・、これはひょっとするとひょっとするかもしれませぬ。。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
10月7日(火)オンエア分:★★★と五分の二

ううっ、ノイローゼになりそー。こあいのはそれほどでもなかったけど(嘘です、壁の男の子とか怖かったでしゅ。。)、町内会長アミカワムツコ及び町内の人々の病的な過干渉が、もぉゾッとするくらい鬱陶しくて。こーゆー役、上手いなぁ鷲尾真知子。。

誰かが勝手に家に入り込んでるし、子供の吸入器は無くなってるし、蛇口ひねれば髪の毛出てくるし、外で自分と瓜二つの人見ちゃうし、ゴミ屋敷のおばばには追っかけられるし、もーあたくしならこんなとこ住めませんっ。と思ってたら、のわんと北村一輝どのが、これ以外ないってブキミさで御登場っ!いやぁ、パチパチっ、ひゅーひゅーっ。どーやら、主人公梓の元浮気相手で、梓自身が殺しちゃったみたいだけど、とゆーことはバケモノ?幽霊?うーんっ、でもこの際何でもいーわっ。こってり濃い口の妖しいお味を堪能させてくださいましっ。

巨乳のえっちな女事務員と浮気してる夫も、座敷わらしみたいな娘・鈴も、腹に一物ありそーな姑も、みーんなみーんな波乱を起こしてくれそーで、ドキドキ。

でもいちばん問題ありそーなのは、御当人の梓だわね。。あたくしも頭壊れる覚悟でしばらくはおつき合いさせていただきますっ→・・何だか張り切ってる?


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
10月14日(火)オンエア分:★★★と半分

嫌よ嫌よと言いつつも、なぁーんか、術中に落ちちゃったかも。。こあいの苦手なのに、謎はますます深まるし、意外な事実が分かっちゃうし、こんなふーにされちゃっちゃぁ、気になって観ないわけにはいかないのである。

意外な事実・・、5年前の梓の殺人に友達の有島樹里が加担してたなんてねー、これには1本取られましたわっ。そのことを明るいティールームかどこかで、お茶しながらお話してるふたりにも、おくちあんぐりだったけど。意味ありげに出てくるゴミ屋敷のぷっつんオババより、あたくしはこーゆー方が恐ろしゅうございます。

それに、もともと梓と欧太郎の夫婦だって、毎日150円のコンビニ玩具なんかあげたり貰ったりして、一見慎ましい仲良し夫婦みたいだけど、その実お互い浮気してたりするもんね。嗚呼っ、人間とは、ほんに恐ろしきものなのね。。

主人公たちだけじゃなく、他の登場人物(毛ガニストーカー女、隣人の澤村愛子、幼稚園の派閥族等々)もアブナイ方々ばっかだし、今のとこマトモそーなのは元判事のいかりやさんぐらいか。。同氏が御担当の霧子村殺人事件が、今後どう関わってくるのかも、やはり気になりますわね。

しょーがないので、毛布にくるまって、その隙間から、こわごわ観続けるわ。。
ぐすんぐすん。。・・でも、早く続きが観たいぞっ


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
10月21日(火)オンエア分:★★★と半分

いったいどーなっておるのだっ?!シリーズ。。

<超特級どーなっておるのだ>
つまり、あれですかいっダンナ?澤村数馬=久遠駿介って思ってよろしいんですかい?殺されかけたけど死んではいなくて、しつこーく梓の前に現れた執念深い男だと。それとも黄泉の国から蘇った、バケモン?どーやら夫・欧太郎の女も殺しちゃったよーだし(だってニヤって笑ってたもんね)、梓を家族からも街からも孤立させて、自分のところに帰ってくる以外ないようにさせる魂胆?

<素朴などーなっておるのだ>
すごく素朴な疑問なのですが、梓の中であの殺人って(生きてるのかもしれないけど・・)、そんな罪の意識とかないのでしょーか、神様?あれはあれでしょーがなかったの、と思ってるんでしょーか?この間、その殺したかもしれない相手から貰った指輪もまだ持ってたし。。雑誌にエッセイなんか書いちゃってるし、きれいで一見まともそーだけど、ホントはすっげー性悪女なのですか?

<こまごま・どーなっておるのだ>
希里が丘の住民は、どーして揃いも揃ってミョーチクリンなのだろう。三好夫婦は、奥さんだけじゃなく旦那もネジがぶっ飛んでるし、澤村愛子は色情狂?タクママもナオママもそのクソガキも町内会長網川睦子もあいつもこいつも、いったい何なのだぁああ。

ふぅうう。他にも多々あるが、言い出したらキリが無いのよ。でも、梓には一言言わせてもらおう!

だいたいだなぁ、男に襲われて薬品で火つけられそーになったら、お家へ帰るか警察行きなさいっ。殺した男と瓜二つの男と、夜の海なんか行くなぁあああ。海って、違う海かもしれないけど自分が殺人した場所でしょだろっ?

はぁ。。ちょっと気が済みました。。すごーく腑に落ちないことばっかなんだけど、めっちゃ娯楽的。どーなっていくのか、どれほど荒唐無稽か、一瞬たりとも見逃せませんっ。・・・これって、実話なんだよね、確か。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
10月28日(火)オンエア分:★★★と半分

きゃはははっ、えへへへっ。いやん、あたくしにまで希里が丘のビョーキが伝染してきたのかしら・・。

既にすっかりビョーキの梓、自分が殺した相手かもしれない隣人の澤村数馬と電話で盛り上がっちゃったり、また男の子の幽霊見ちゃったり、もう頭が完全に飛んでいってしまいそーだったけど、娘の鈴の電話でふと我に帰って、欧太郎に全てを打ち明けようとしたのにっ

。ああ、今度は欧太郎がどんどんミョーなことになってきて、とーとー澤村数馬と密会してしまいましたわね。。

一話の中に、いろーんなエピソードがてんこもりなので、うっかりしてると大事なとこを見逃してしまいそーで、ホントどきどきするわっ。心の中で「おいおいっ」って突っ込み入れてると、もう次の展開に行ってて、忙しいのなんの。なので、ちょっと整理整とんしてみました。

<欧太郎の愛人・琴音>
お風呂場が血だらけだったから、もう死んじゃってるはずだけど、死体はどうなったのでしょ。それに彼女も謎の団体・まごころの泉の会に関わっていた様子。

<ホテルカリフォルニア>
草間と里美が昔の事件の真相を探るために泊まっているラブホテル。何とここにも幽霊が。。でも、それよりもいくら事件究明のためとは言え、一緒に泊まってることの方が不思議過ぎるぅ。梓たちの密会の場所もここ。

<隣人・愛子>
ふと気づくと、いつも欧太郎の近くにいて、誘惑する愛子。一緒にへらへらとカラオケボックスに行く彼も彼だけど。。

<車田家>
隣人の中ではまだまともそーだったのに、ここんちも、まごころの泉の会に関係。しかも今度は娘が、欧太郎と愛子の浮気の証拠を握ってて、欧太郎に買えと脅迫。

うにゃ?まだまだいろいろあるよね?でも、今日はこれくらいにしとこ。。ふと気づけば、ホラーではなく、不可思議な人間博覧会みたくなってきた。どいつもこいつも、なぜそーなるんだ?ってことばかりしてるし。

でも、その危なさや不可解なところが、どこか現実とダブるのよね。何のためにそんなことしちゃうの?って事件が今いっぱい起こってるし。だからこんなに???だらけでも、興味深いのかしらん。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
11月4日(火)オンエア分:★★★と半分

ふぅ、今回も忙しかったわ。ちょっと場末のお化け屋敷みたいで、次から次へと出てくる出てくる、恨み妬み嫉みの数珠つなぎ。どのパーツがどう繋がってくるのか分かんないから、大変なのっ。え?楽しそう?えへ、えへへへっ

では、おさらいがてら・・。

過去に自分が殺した相手かもしれないのに、とうとう澤村と関係を持っちゃった梓はん。で、どーするかと思いきや、友人の樹里にお迎えコール。前々からどーもこの女もミョーだなと思っていたら、ぬわんと嫉妬の地獄鍋だったのでちた。

親切そーに梓を自分の部屋に招き入れて、その隙に着々と松本家に入り込んでいく巧妙さは、けっこーリアル。梓が帰ってきた時は、もうすっかりこの家の奥様きどりで、どーなるかと思っていたら・・あんなことに。。
(注:あんなこととは、物置きで何かが起きて、そのせいかどうかはわからないけど、本性むき出しで梓に襲い掛かり、逆に大怪我を負う)

一方、澤村と決着をつけようとした梓は、肝心の一言を聞く前に欧太郎が現れて、結局彼が何者かは、今回も分からなかったのでした。

他にも、ぷっつんお婆が何者かに殺されちゃったり、希里が丘一帯のお水が腐っちゃったり、ホテルカリフォルニア御滞在中の草間がまた幽霊を見てそれが里美のお父さんだったり、やたらに梓を虐める意地悪姑は何かを探し続けてたり・・と、無気味でみょうちくりんな出来事が満載っ。

あんまり毎回いろんなことが起きるので、前回までのこと(誰かに殺された欧太郎の愛人とか、男の子の幽霊とか)を忘れそうで心配なあたくし。最後には、ちゃぁーんと、ひとつにまとまるかしら。。

おどろおどろしい面もあるのだけど、大きな3Dのジグソーパズルを作っていくよーな面白さがあって、つい入り込んでしばう。今はもう怖いとかじゃなくて、原色の危なげな玩具の面白さを知ってしまったお子ちゃま状態のよーな感じ。

もう最後を見届けずにはいられないのでありました。。

<北村一輝マニアのご同輩へ>
三白眼気味のあの妖しい目、あれにはほとほと参りました。マニアには「たまらんっ」ってところでございます。異様に睫毛が長く多い。その上、ひげが濃い。
あたくしとしては、中近東系イタリア男と呼ばせていただいております。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
11月11日(火)オンエア分:★★★と五分の三

ぐわわんっ。もう頭の中はいっぱいいっぱいだとゆーのに、またもやどんどこ詰め込まれちゃいました。超特大大盛り1時間1本勝負っ、って感じだけど、すべてはあの呪の家(土地)に集約しつつある気配もございます。。

では、今回の注目点及び推測も含めてミーティングを始めます。

ホテルカリフォルニアご滞在中の草間&里美組が、床下から見つけたナゾ謎キット(草間の亡き妻が血の涙流すの、怖かった。最初から飛ばすんだもんっ)。沢山のメモや虫の標本?、フィルム。。現像したら、出てきたのは澤村と女の子。

あの子はやっぱり、梓かしらん?→だって梓も家族いないって、鬼姑が言ってたもんね。建物も養護施設らしき所だったし、年齢的にも合うし、とりあえずそーゆーことにしておきましょう。

はいっ、次。争って2階から落っこちて、むくっとゾンビみたいに復活したと思ったら、落ちてきたシャンデリアでやられちゃった樹里。

意識は戻ったけど頭はお子ちゃま状態になって、でも梓を見て「このおねーちゃん、人殺しだよぉっ」と言ってみたり、鬼姑に梓と澤村のこと言い付けたりして、ひとりカハハハッと笑ってるとこ見ると、あれはぷっつんの振りをしてるだけ?

秘密の地下室も、樹里は知っていそうだけど、そのことを思い出そうとすると怯えてもいたよーだし・・、よー分からん女です。彼女もあの施設の出身かしら?

退院して松本家に引き取られたみたいだし、また何かやらかしてくれそーな感じもするから、この女に関してはもう少し経過観察いたしましょう。

いきなり根本に戻りますが、久遠=澤村だった、とゆーことで、異存はございませんね?→だって、ラストで鈴は僕の子種、いやもといっ、「僕の子だね?」ってペロンと本人が言ってたものね。でもって、時間的に逆算するとやはり鈴は彼の子供。これもこう決めつけてよろしいですね?

松本家を崩壊させ、梓をひとりにして、今度は欧太郎を会社から追い出そうとしている澤村。愛子に妻を装わせて、松本家を壊す手伝いをさせてたのも分かりましたし、まぁ何と念の入った大プロジェクトっ!写真見ると30年経っても年取ってないし、どこにでも現れるし、ドラキュラ伯爵みたい。30年ごとにあの家で起こる一家変死事件のことも合わせて考えると、ますますその周期で蘇るドラキュラでございます。

これは推測の域を出ませんが、一応考慮に入れておきましょう。

はぁっはぁっ、ざくっとしたところは大体押さえられたかしら?

それにしても情けないぞっ、欧太郎っ。せっかくバスまで追い付いたのに、お絵書き帳渡すだけで、なぜ引き止めないの?あそこで、がくっと脱力しちゃったじゃないのっ。自分も浮気してたくせに、梓を許せないのもブーっ。

梓さんっ、あなたも少し光が見えてきたのに、どーして出ていっちゃうかなぁ?

それも恐らく欧太郎の子じゃない鈴を置いてくなんてっ。

。。。でも、今回はこのアホ夫婦の心情が、なかなかよく描かれておりました。

頭では許そうと思っても、実際は顔を見れないし見られたくない。浮気を知ってしまうと、そーゆー矛盾の穴に落ちてしまうものなのね。その辺はよーくお勉強になりました(んなこと、あまりお勉強しない方がいい気もするが)。

さぁ、でも何のかんの言いつつも、バラバラのジグソーパズルが、枠だけ見えてきました。頑張りましょう、皆さまっ。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
11月18日(火)オンエア分:★★★と半分

もぉっ、制御不能のしっちゃかめっちゃかのゴミ屋敷のよーになってきたわ。。

いくら整理整頓好きのあたくしでも、もうお片付けはできましぇんっ。こーなったら、もう辻褄合わせよーとか思っちゃいけないんだわ。川の流れに身を任せて、海まで行き着いてやるっ。がるっ、がるるっ。

・・・とは言ってみたものの、千里の道も一歩からって言うしな。。ざくっと行きましょか、ざくっとね。

んじゃ、まず欧太郎の母・志摩子から。鬼姑の志摩ちゃん、初めの方でニューアイテムの「3億円事件」なんて言い出すから、それは何っ?と飛びついたら、どーやら勝手な思い込みだったみたい。。床叩き割る体力あるならさぁ、掃除しよーよ、掃除っ。うずまき見て「あら、また増えたわねー」なんて言ってないで、誰がやってるとか、怖がるとかちょっとはしてくださいね、ホントに。

じゃ、次の方、樹里ちゃん。大御所・澤村を追い越しそうな勢いがついてきてますっ。もう仮病ってのは解ったけど、欧太郎にお薬盛ってどーするんだろ。弱らせて一人占めしよーって魂胆だろーか?うずまきを志摩ちゃんがやったと思わせたり、欧太郎が出かけた途端ふっと真顔に戻って、鈴の手をぱっと離すとこなんて、なかなか芸が細かい。でも、うずまきのスプレーもっとちゃんと埋めないところはツメが甘いか。。

もう出番は終了と思ったら、再び御登場の愛子はん。あんまりすごい形相だったので、一瞬誰か分からなかったわ。父母が殺されたとかで深刻なはずなんだけど、澤村を「一緒に殺しましょっ!」と梓に持ちかけるのはミョーに軽かったりして相当イっちゃってるご様子。でもって、ホントに火つけて殺しちゃった。。

でー、やっぱ避けて通れないのは澤村。結局、本当の狙いは梓じゃ無くて鈴ちゃん、というのは何故なのかしらん?鈴ちゃんが「虫姫」とやらなのかしらん?でもそれなら、最初っからさっさと鈴ちゃんだけかっさらって行けばいい話で、こんなあの手この手を使ってしち面倒臭いしなくてもなぁ。。それに燃やされちゃったけど、そんな簡単に死なないよね?あ、バケモン系だから、もともと死なないか。土の中から、むくむくっと復活?

後はぁ・・、ラストの梓のくりそつの女と坊やちゃんね。それと北海道へ行ってるらしい草間がどんなお土産持ってくるか?ってとこかしら。

今回は、変に明るいBGMがかかったり、これまたやけに明るいパイ作りシーンがあったり、制作の皆様も収拾がつかないからやけくそ気味?肉じゃが作ろうと思ってたらクリームシチューになって、そこからさらにカレーになったよーな先行き不明なへんてこ感。何でもいいけど、ここまで大風呂敷広げたんだから、最後までとりあえず突っ走ってくだちゃいね。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8話
11月25日(火)オンエア分:★★★と半分

けっこー怒濤の展開だったわ。。彼、やっぱりバケモンでしたわね。。

途中までは、松本家の家族再生物語りぃーって感じで、今回はこれがメイン?と思ってたのだけど、ところがどっこい、後半は地下の大お化け屋敷ランドが御登場っ。

で、家族愛が盛り上がったのはいいんだけど、鈴ちゃんが自分の子供ではないかもと思った欧太郎が、昔のビデオを観て父親としての自覚を持ち直すのが、あたくしとしては「あれれ?」でございましたの。ふつーは、「くそぉっ!もうこの時から、あれもこれも俺は全部騙されてたのかっ?」ってことになりませんですかい?あたくし、ネジ曲がってる?DNA鑑定の結果を見ないという選択は、それはそれで有りかなと思うけど(へへっ、嘘。あたくしならやっぱ見ちゃう)。

この際、そーゆー小さいことには目をつぶって、と。。今回の目玉は、あの地下の大規模ミイラ館&蟲姫物語だわっ。前回だったかしら、この地域に残る民話とやらで「昔昔、許婚(いいなずけ)のいるきれいな姫がいて、その姫に恋をした男が、その思いを遂げようと虫になって寝床に入ろうとしたら、許婚に踏みつぶされた・・」というのが出てきて、ちょっとプっと笑っちゃったんだけど、結局その虫男が澤村だった、ようでございます。

おまけにその虫男は、虫から人間の姿に還るまでに時間がかかって、戻った時には姫はお亡くなりになってたから、その娘に手をかけたけど愛を得られず、その恨みから永久に生き続けるバケモンになって、以来順繰りに娘を手にかけてきてそれが今なお続行中。。うーん、壮大っ。歴史大河のバケモン版っ。娘が大人になって子供を産む周期に合わせてるから、30年ごとにお出ましになるという訳でございますね。

その代々の姫たちがミイラになって、あの家の地下にずらーり並んでコレクションされてるのはちょっと無気味だったけど、でもなぁ・・、だんだん怖さよりも笑いの方が勝ってきちゃったあたくし。ホラーとゆーより、ブラックコメディになりつつありますです。。

もうおおかたの謎はこれでかなり解明されちゃったから、残るは松本一家とバケモン澤村の対決ね。細かなパーツ(まごころ泉の会とか、小さな男の子の幽霊とか)の落とし前もつけていただきたいし、初心にかえってこれが実話だとしたらいまもバケモンはいるのか?というのも気になるし。乗りかかった船だから、最後まで乗るけど、あんまり乱暴なことすると、暴れちゃうよん。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9話
12月2日(火)オンエア分:★★★

前回でだいたいの謎が分かっちゃったせいか、あたくし的にはちょっぴりトーンダウン。もう全然こあくないしなぁ、こあいってゆーより、お化け屋敷の電気がついたとこ観てるみたいな感じもする。。

すっかり家族の絆モードになってるのも「あれれ?」なんだけど(欧太郎の母もすっかりまともだし)、欧太郎の反応や行動が「何で?」って感じ。だって相手はバケモン(蟲男)なのに、警察が立ち去るまでは何もしないだろうと思ったり(実際それまでずっと家に大人しくいる蟲男もミョーだけど)、草間や里美から一連のあらましを聞いて、その上あの地下コレクション見ても「誰がこんな話信じられるんだっ?!」って言ってるんだもんなー。確かに鈴ちゃんを人質に取られてはいたけど、口実作ってお部屋に入れないわけじゃないし、実際最後はそんなふうにお部屋に乗り込んでたし。。なのでぇー、何だか緊迫感がなくてのんびりムード。

他にも、草間達が、どーして隣の家に地下があるのを知ってたのかなっ?とか、梓もあんな所で出会ったら普通3人で行動するんじゃないのっ?とか、???の無限大ワールドに突入してたんだけど・・、最後のガスマスクした蟲男が笑わせてくれたから、あれで大目に見ようっと。。

こーなったからには、そーゆーお笑いかギャグで最終回楽しませて欲しいわっ。

例えば蟲男が、蟲の妖怪に変身して羽バサバサしながら、鈴ちゃんくわえてお空飛ぶとか(それも本格的じゃなく、思いっきり、ちゃっちー作りモノがいーわ)。

ま、何かそんなお楽しみがあることを期待して、次回をお待ち申し上げたいと思いましゅっ。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終話
12月9日(火)最終回オンエア分:★★★とおまけな気分

んががっーぁ。こりゃ、何とゆーのか・・、闇鍋のあとの雑炊とでも申しましょーか、いろんなモノぼんぼんぶち込んで、さんざん喰い散らかしたあとで、アクも取ってない正体不明のスープにご飯いれてぐるぐるかき回して、それを卵でとじてドンブリ一杯食べさせられて、最後は思いもかけないデザートまで出て来てびっくり!

・・・って、じぇーんじぇんっわかんない?きゃはは、ごめんねぇー。

ここに来て、あの愛子が出て来たのに意表を突かれ、「ほぉ?」と思ってたら簡単に殺されちゃって、でもって蟲男・数馬が羊たちの沈黙のレクター博士みたいな手で脱出。・・・もうこの辺からストーリーなんてどーでもいいわっ、と、ただ身を任せてしまったあたくし(いやぁー、愛子役の白石美帆、新境地開拓?その捨て身な姿勢は買うわっ)。

この後はもぉ、血しぶきが乱れ飛ぶスプラッターもの。竹やり?で胸をぶち抜かれようが、銃弾いっぱい浴びようが、びくともしない蟲男。何度殺しても殺しても死なないんだもんなー。これじゃあ終わらんぞ、と思ってたら、草間があの刀で刺して、お耳から蟲が這い出してきて、その蟲もぎゅっと踏みつぶされて、やっと成仏。。

ん?終わったか?でもまだ時間あるぞ、と思ってたら、デザートが登場。お引っ越し先の今度の隣人に、何とあの役所広司。おまけにその妻が、欧太郎の愛人だった琴音。。

この意図の不明さの数々。。もう収拾つかなくて、ヤケくそって感じのB級映画みたいで・・、本当によく笑わせていただきましたです。あ、そーか、そーいえばこれは一応ホラーだったわね。でも、そんな細かいこと、もうどーだっていーわよね。とりあえず、北村一輝さまのこってりしたお味は、胸やけするくらい楽しんだし。この無軌道ぶりには、爽快感さえ感じるわ。。ジャンル判定不能!ドラマだと思わなければご褒美ものだもの。

ただひとつ気になるのは、役所広司どの。今度は、彼が何かやらかすのかしら?松本家、新たな隣人との闘いの幕開けだったりして。。もしそーなら、まぁ、思う存分そちらの世界で続けちゃってくだちゃい・・(1回ぐらいなら、観てもいいぞっ)。
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの隣に誰かいる