LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「僕だけのマドンナ…and I love Her」

フジテレビ/月曜:夜9時<2003年7月7日ー9月15日>

テレビ番組 フジテレビ
テレビドラマレビュー:「僕だけのマドンナ…and I love Her」

(出演/滝沢秀明、長谷川京子、小西真奈美、小泉孝太郎他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
放映前期待度:★★★

まっ、王道っちゃ王道ですっ。ここんとこ何気に地味めだったからね、月9。でもすっごーく楽しみっ、って感じではないの。何故かしら?何故でしょー?お話としては、可も無く不可でも無い中途半端な大学生、滝沢くんがハセキョウ演じる謎の女に振り回されつつ、恋に落ちるってことらしい。で、とりあえずわたくしの感想は・・タイトルが、何となく日テレっぽいのね、って感じ。それだけ?
うん、それだけ。。あ、それに、タッキーファンに夜道で襲われないよーにしよーと、今は思ってるんだけど。。どきどき。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
7月7日(月)オンエア分:★★

むうぉーん。。ビミョーだな、こりゃ。何たって主人公の滝沢キョンの反応が現実離れし過ぎてて、どの辺から入り込もーかと思ってるうちに迷子になっちゃったあたくし。。何のかのと周りの人間から、仕送りも食べ物もバイト料もスポイルされる、たかられキャラのキョン。挙げ句の果てに不法侵入の女するみに言われるままに、部屋のカギ渡して毎日ご飯用意して待ってる・・って、こりゃ馬鹿だろう?やっぱり。最初の実家の様子がやけにリアリティあるから、よけいに突っ込みたくなっちゃうんだももん。

するみ役のハセキョーも、不思議小悪魔ちゃんがあんまし似合ってねーよーな気がします。二人とも、笑顔はかわいーんだけどね。滝沢ファンのための、動く写真集とでも言っておきましょ。。そーそ、友人役の小泉Jr.がちょっとだけ演技ご成長遊ばされたよーな気はしたわ。。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
7月14日(月)オンエア分:★★と三分の一

ややむさくるしい緒形直人が絡んできて、ちょこっとだけオモシロクなってきたけど。。やっぱ、なんか退屈、なんかのっぺらぼー、なんか薄っぺらいのでR。
これはひとえに・・、何だろう?
するめちゃん(これで良いのだ)の魅力が乏しいせいもある。やはり小悪魔っぽいのが、似合わないんだももんっ。小悪魔ちゃんは、それなりにカシコク、ひょいとどこでも入り込む小ずるさやずうずうしさがあり、正体不明で、自分勝手で、わがままで、そーそー人に涙なんて見せなく、そして何より気高くなくっちゃ。

今だと、ずーずーしい、虚言癖の、見た目ちょいかわいーねーちゃん止まりで、ぺらんぺらんって感じ。台詞の言い方とか、声そのものに、謎を秘めたモノ、奥行きみたいなのがないんだなぁ。
このままいくと、グラビアドラマのまま、行っちゃいそーだ。。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
7月21日(月)オンエア分:★★

これは。。煮ても焼いても喰えないかもしればせん。。あたくしの感性のひだひだに、今だ触れるとこ無しっ。最大のネックは、するめ。やっぱ、可愛くねーぞ。
人を翻弄させて、なお夢中にさせる魔力っちゅうもんがね、この女には無いのだ。
ホントに魅力的な人間ってのは、反感買いながらも老若男女問わず「おっ?」と思わせる神通力のよーなモノがあるはずなのだが。。
加えて、全体が軽薄。軽妙じゃなく、けーはくっ。定番・講議ギャグも笑えないし、森本レオコーナーも効いて無い。もともと果汁30%くらいのジュースを、さらに水で思いっきり薄めたよーな味なんだぼんぼんぼんっどっしよっかなー?どーやら人妻らしいするめだけど、その正体も別に知りたくないしなぁ。。ラインぎりぎりで、ぐらんぐらん。キョンと松野ママのシーンがなかったら、こつんと向う側に突き落としたのに。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
7月28日(月)オンエア分:★★と半分

・・・首の皮一枚ってとこだったんだけど、やっとこ状況も進展し始めたので、とりあえず保護観察にしたです。
とはいえ、まだ空振り気味なんだなぁ、これが。周回遅れの挿入小ネタシーンももロケとかしたんだろーけど寒いっ。。

キョンのオーバーリアクションもどーもまだ浮いてて(今回だと、お昼ご飯食べてるとことかね)、観てるこっちが「もぉ、大丈夫なの?」ってハラハラしちゃうんだもん。この辺りに行きたいんだろーか?ってセンは見えてきたような気はするんだけど、まだ歯車がギコギコ鳴ってる感じ。

でもねー、するめがね、やっぱ最大のネック。不思議ちゃん魔性の女じゃなくて、この期に及んでもただのずーずーしいねーちゃんにしか見えないんだもん(一回目の浴衣姿は可愛かったけど)。悪女でも人妻でもいいから、するめが魅力的じゃないと、彼女に惹かれるキョンがアホみたいでしょーが。
観てるこっちに「あー、もぉ、また外れてる。。」って、気を遣わせないでぐだじゃい。。いずれにしろボーダーラインの崖っプチだかんねっ



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
8月4日(月)オンエア分:★★と三分の二

ハァー、ここにきてやっと、よーやく、何とかどーにかこーにか、ラブストーリーっぽくはなってきたのだが。。もっとぐいぐいっと、ぐぐぐーっと引き摺り込んでくれないとなぁ。

「天真爛漫で自由でわがままで・・、でも憎めない人。」
・・・じゃないんだなぁ、するめって。あっちこっち引っ掻き回す、お騒がせ女のままなんだもんっ。ん?ネクタイを渡さなかった?ふんっ、あんなんじゃ騙されないぞっ。あの性悪女め。。ハセキョーに恨みはないが、ここいらでがつんとヒロインを魅力的にしてくれないと、女子チームとしてはするめ吊るし上げの刑にするしかなくなってくるです。ちらりほらり伏線はあったけど、やっぱ人妻だったしなぁ。

これに、どー落とし前つける気だろ?暴力夫だろーか?それとも船乗りか?もしかして、ゴールドカード持ってるから、金持ちのお迎え間近なじーさまだろーか?いっくら作りモンの世界とはいえ、心情の部分で共感できなかったら、これはもーあなたっ、吊るし上げ程度では済まなくてよ。。ふふふ、包丁研いで待ってるから。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
8月11日(月)オンエア分:★★★と三分の一

むむっ。ドラマとしては面白うなってきましたえ、だんはん。ゼミ合宿のシーンも楽しそうで、つい自分の学生の頃のゼミ旅行を思い出しましたがな。こーゆー
強制的な旅行って行くまではかったるいけど、行ってみるとけっこー楽しいのよね。普段話さないコと話してみたら、意外なとこ見つけたりするし。

おっと、冒頭から脱線しててどーする?!へぇへぇ、すびばせん。
これに出てくる3人の女、するめ、理恵、景子(あ、しずえママもいるが。。)。
景子はどこにでもいるごくふつーの女子だから、置いといてっと。理恵嬢は常識的で、そつが無く、それなりに気配りもできるノーマルな美人。容姿や立ち居振る舞いも平均点以上なんだけど、反面、スキがなくて面白味のない女でもある。

片や、するめは気分屋でずーずーしく、敬語も使えないおバカ系女。但しちょっとかわいーから、男どもは振り回されつつも、つい大目にみてしまう。これって、古代からある典型的な2タイプ。対比としてはわっかりやすいんだけど、あまりにもパターンでつまらんぞ、と思っていたら、だんだんそれぞれの陰の部分が出てきて、やっとこさ面白くなってきた、よーな気がする。

でもさぁ、キョンっ。キミさぁ、受け身とはいえ今までさんざん非常識だったじゃん?知らない女に勝手に部屋に入られても怒んないし、食べ物用意して待ってるし、おまけに合鍵まで渡しちゃうし。それがするめが人妻って分かったら、急に常識的になるところが、あたくしには不思議だったわっ。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
8月18日(月)オンエア分:★★★

だーんだんするめの謎が、解明されてきばしたわ。。旦那が45〜6歳、離婚寸前なこと、白金台に住んでたらしいこと、両親が亡くなってること、バーテンやってたこと、などなど。気分屋引っ掻き回し女から、実は居場所のない不幸な女へのモード切り替え真っ最中っ、ってとこどす。

こーなってくると、するめに反感持ってた女子たちも一気に懐柔されそーだが・・・、むふふ、そーは桑名の焼きはまぐりっ。そんないきなり、ど演歌の世界に持ってかれてもなぁ。困るなぁ。これだったら納得って女子もいるでしょーが、あたくしとしてはそんなとこに落ちを持ってって欲しく無いわっ。そんな在り来たりの流れでチャンチャンチャンってなったら、暴れるぞっ。

さんざん有り得ない状況設定で来たんだから、あんまり安直な着地点だったら、ばっさり斬らせていただくかんねっ。

それにしても、どーして殿方は大事な時に優先順位を守らないかなぁ。コンサート会場でひとり待ちぼうけの理恵嬢が、すごい寂しそうだったです。彼女なりに自分を変えようと努力(悪あがき?)してるとゆーのに。ここぞという時、絶対別の女に引っ掛かっちゃうんだもん。カンチもリカとの待ち合わせの時、さとみに引っ掛かってたよなぁ・・(えっ?話がわかんない?古すぎっ?わかる貴方だけわかってねん)。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8話
8月25日(月)オンエア分:★★★と五分の一

ところどころはいいのよ。。教授が子供のお使いみたいに、伝言伝えにくるとことか、キョンが景子をキープしようとしてる自分を恥じるとことか、キョン父が「何もしないうちに自分でこーだろーと決めて何もしないのはつまらないぞ」って話すとことか。。

だが、最初での躓きが、やっぱ後を引いてるのだわ。。するめがキョンの部屋に勝手に入り込んでたこと、及びその目的。一応本田氏のことが好きだったからってことになってたけど、何か説得力ないんだなぁ、今でも。でもって今はすっかり、するめもキョンが好きって雰囲気だけど、そこにすぅっと入っていけないんだもんっ。

自分の気持ちに忠実で、周りのことに囚われないホントは素直な女、とゆー設定なんだろーけど、その「囚われなさ」が今いち魅力にまで昇華し切れて無い感じ。

どこにでも誰にでも馴れ馴れしく、するすると入り込んでくる女(ん?だからするめなのかっ?)って、やっぱ他の女にとってはイヤな女だわ。結婚してよーが、離婚しよーが、離婚原因が旦那の方にあろーが、とにかく実はものすごーく不幸だろーが、そんなコトは関係なく、その「するする入り込みテク」が生理的に許せない感じとでもいいましょーか。だからして、理恵&景子の女子チームとは、絶対に相容れないはず。。

これがあなたっ、ラストはみんな仲良くなったりしたら、あたくしはブチ切れちゃうかも。安直な落とし前は、つけないでね。とにかくラストまで行っちゃえばいい、ってゆー消化試合も許さないわよ。ふふ、今やあたくしの興味はキョンとの恋よりも、そっちにあるので、そこんとこじっくり見守らせていただくわ。ふふ、わかった?



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9話
9月1日(月)オンエア分:★★★と半分

むむむ、この間までのするめとは同一人物とは思えないほど、常識的且つまともな反応をする、するめ。あーん、するめちゃん、切ないわぁ・・・って、ふふ、言わないよーんっ。

キョンがするめに告白して、お互いにそれに戸惑って喧嘩して、その後再度キョンが「するめは滅茶苦茶で間違ってるけど、それでも好きなんだ」って言うとこは、ちょっと良かったな。恋愛草創期における、頭ん中大混乱矛盾だらけ説明不可能状態→だけど気持ちは一途!って感じで。景子ちゃんに、今の自分の気持ちを正直に伝えようとするところも○っ。

でもねっ、するめはやっぱ問題だわっ。今までの傍若無人ぶりはどこへやら、すっかり「良い子」ちゃん風になっちゃって、女子視聴者を一気に味方につけそーな勢い。理恵さんに「あんな良い子を振り回して楽しい?」とか言われて、すごすごと引っ込むってタイプじゃないでしょっ。

見知らぬ他人の家に入り込んで、そこの人間関係にもどんどん入り込んできて、どこまで本気かわからないけど人の結婚邪魔しよーとして、関係ない合宿までついてくる女が、「はい。。わかりました。。」って引っ込んだら、今までのは一体何だったの?うーん、それともなに?キョンの真摯な気持ちに接して、人格性格総入れ替えしちゃって、悪魔から天使ちゃんになっちゃって、将来ある彼を思って身を引くとゆーわけ??そーだとしたら・・、あまりにもご都合主義。しくしく。。

あるいは、ものすごーい必殺技がまだ隠されてるのかしら?どっかーんと、納得うるうるモードへ御招待してくれる奥の手があるのかしらん?どーなのぉっ?



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第10話
9月8日(月)オンエア分:★★と半分

ふーむ。。無理矢理難クセつけよーなんて気はないんだけど、するめはいつからこんなに、しおらしい女になったのかしら。え?先週から?そーなんだけど・・、そーじゃなくてぇ、「自分はキョンにはふさわしくない」なんて、演歌ばりに考えるタイプじゃないと思うんだけどなぁ。

そう考えるのは、結婚してたからでしょ?でも離婚したんだもんね。離婚したからハイっ次ってのもそれはそれでどっかなーとは思うけど、でも一応いちばん大きな問題はクリアしたんだから、モラル的には問題ない。第一、あーんなにやりたい放題放し飼いのするめが、身を引くってのがわかんないっ。小洒落た軽ーい恋愛ドラマから、いきなり冬の日本海っ。まっ、見せ方がこーだから、その辺の違和感はあまり感じさせないよーにはなってるけど。

どーやら予告編を観る限りでは、ハッピーエンドっぽい。あー何だか喰い足りないドラマだわっ。もー、なるよーになっていただいて結構だけど、あたくしとしてはキョンがちょびっつ大人になった「ひと夏の恋」って感じで終わって欲しい気がするですっ。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終話
9月15日(月)最終回:★★

タイトルがすでに「スタジアムの奇跡」だからして、結末は充分予測できつつも何かきらりんこーんと、最後に残してくださるかと期待しつつ拝見いたちまちた。
ま、何と申しましょーか、ひと昔ふた昔前の少女マンガのよーな、口当たりの良い、無難な、めだたしめでたし状態で、最後に何かスパイシーなモノを期待してたあたくしは、あらららーんてな感じ。。

で、ここで終わっちゃおーかとも思ったんだけど、やはりそーも行きませぬ。たんとまな板の上で、こねくり回させていただきますわ。
するめが姿を消して一ヶ月、まだ何となく景子ちゃんともつきあってるキョン。

そんな時、偶然するめがTVに映って、驚く一同。当然いちばんびっくりしたのはキョン。そんな素振りは外に出さないけど、動揺してるキョンの心中を察してあえて彼を振る景子ちゃわん(むふふ、嫌でも元カレとだぶるわね、この状況)。

でもって、キョンはさっさとするめに会いにいくと、するめはサッカースタジアムの屋台でイカ焼きを焼いていた(ウケたわっ、やはりするめで良かったのね)。
そいで、少しキョンとするめの押したり引いたりはあったものの、ハッピーエンドっ。その他の皆様もそれぞれの方と結ばれ、賞を受賞したり、売れっ子タレントになってハッピーエンドっ。

こーんなお砂糖菓子みたいな甘口ちゃんなら、わざわざするめを重めな設定(人妻、家宅侵入者等)にしなくても、良かったのにと、ここに到っても思うのっ。
何か恋の障害物が欲しいなら、もっとあまーいレベルで作ればいい。
で、あのぅ・・今さらだけど、結局本田さんてするめにとって何だったんだろ?
人ん家まで入り込んで監視して、追っかけ回して、結婚邪魔しよーとしてたけど。
あ、そーか、意味を求めちゃいけないんだった。。

ドラマは確かに作り事だけど、だから少々の予定調和も辻褄合わせも当然あるのはやむを得ない。でも架空の世界での現実味に一方ではこだわり(例えばこれで言うならキョンの実家の地味さとか、夜警のアルバイトとか)、一方では説得力のないヒロインのキャラや状況、という所に、何か違和感やバランスの悪いものを覚えるわけです。まぁ、詰まるとこ、それでも滝沢&ハセキョーを出しとけば見るだろ?みたいな、タカをくくってる感じをどーしても受けてしばうわ。

外見は良いけど中身はいまいち冴えない大学生だったキョンが、ひとつの恋を通してちょびっつ成長するって流れはいいと思うし(でも、それなら景子ちゃんとの別れも自分で決断すべきだよな。。)、それにしずえママとか、館林教授のかわいらしーとこも結構気に入ってたんだけどな。。
何かもっとちゃんと宝物があるかなぁと、小奇麗なグラビアをペラペラペラペラめくってたら、いつのまにか終わっていたのだった。。ああっ
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 僕だけのマドンナ