LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「特命係長・只野仁」

テレビ朝日/金曜:夜11時15分 <2003年7月4日ー9月26日>

テレビ番組 テレビ朝日
テレビドラマレビュー:「特命係長・只野仁」


(出演/高橋克典、櫻井淳子、永井大、三浦理恵子、梅宮辰夫他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
放映前期待度:★★

柳沢みきおのコミックが原作の、冴えない係長が実はスーパーサラリーマンってお話。・・・でも高橋克典で、役柄サラリーマン。。どっかで見たよねー、こんなの。。一見どーにもならない中年サラリーマンが、実は仕事もバリバリ、喧嘩にも強くて、女性にもモテモテってところが、中年おじさま達に夢を与えるかもしんないけど。。でももう酔っぱらって寝ちゃってる、わね。。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
7月4日(金)オンエア分:★★と三分の二

シャツの胸をはだけて、グラスをヘアバンド風に頭にのっけるのをポリシーとする男・高橋克典の、めっちゃわかりやすいエロエロ劇画ドラマ。こーゆー場合は頭っから「こーゆー路線でいくかんねっ!」っておっしゃってるので、何で急に服装が変わってるんだっ的な、細かなディティールに突っ込みなぞ入れませんっ。何でも毎週、女人の裸&濡れ場が出てくるそーなんで、おじさま達の週末のお楽しみ袋になってくださることでしょー。でも高橋克典、もちっとシブイ路線でもいーぞ?


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
7月11日(金)オンエア分:★★と五分の四

今回もサービスショット満載っ。三浦理恵子嬢のシャワーシーンなぞ、殿方にはお楽しみ♡ってとこかしら(ぎごちなかったけどね)?このシーンだけじゃなくて、三浦嬢は全般的にちょっとヘタクソなんだけど、この大根気味なとこがかえって劇画ドラマちゃんにはマッチしてるから不思議。ジャンクフードの味わい、とでも申しましょーか、金曜深夜には重厚さや繊細さより、こんくらいの雑味がリラックスさせてくれるのかもねー。

それにこのエロ劇画、おじさま族だけじゃなくおねーさまやマダムたちにもウケがいいみたいっ。高橋克典&永井大の引き締まった肉体美とか、てきとーなアクションに心奪われるらしー。幅広いニーズにお応えしておりますです。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
8月1日(金)オンエア分:★★と三分の二

お帰りぃー、只野係長っ。ご存知っおじさま&マダム御用達のエロ劇画ドラマどすぅ。ホントにせーねんコミック誌を観てるよーな、わっかりやすい雑味ある作りで、サービスショットも満載っ。がっ、お小言ひとつ。冒頭からレイプシーンってのは、どーも気持ち良くないっす。おねーちゃんの裸を出すな、ってことじゃなく、こーゆーシチュエーションで出されるのははっきり言って気分悪い。特にあの設定である必要性も、そんななかったと思うし。ベッドシーンも無意味なおねーちゃんの着替えシーンとかも全然OKだけど、状況設定はもちっと気を使ってくらはい。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
8月8日(金)オンエア分:★★と三分の二

通勤&通学の時間に読まれ、読み終わったら網棚の上か駅のごみ箱に投げ込まれていく、まさしく読み捨て感覚エロ劇画ドラマ。。でも、そーゆーの、別にあってもいーと思うよんっ。月曜日から金曜日まで、満員電車に揉まれ、時には会社で理不尽な思いをし、日々のランチ代を節約して居酒屋でちょっと飲んで帰った夜には、しちめんどくさいドラマはもーいいっ!ストレスでまんかまんの心身を、とにかくチャラにしたいのさっっ。

そっ、だからケーハクで無節操でいーのよ。これはね。何でおねーちゃんたち3人ともが偶然ブラを外してるか?とか、関係者がいつも偶然出くわしちゃうか?とか、誰もそんなこと追求しよーなんて思ってないもーん。出演者の皆さばも、その求められてる部分をわきまえてるふうなとこがいーわ。川島なお美・・、前はすごぉーく苦手だったんだけど、最近こーゆー人はこーゆー人で居てもいいよーな気がしてる。こーゆードラマにガタガタ言わないで出るとこが、これまた自分のポジショニングを心得てる感じがして。でも、いつまでもワインと失楽園的なモノだけじゃなんだから、新たな局面ってのも欲しいとこどすなぁ。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
8月15日(金)オンエア分:★★★

相変わらずエロエロモードは全開中なんだけど、今回はお話的にもわりと良かったかも。一応出世街道は歩いてるけど、会社にも家にも閉息感を覚えてる中年管理職のキミツ部長。賄賂もきっちり断るし、無茶なこともしない彼が密かな愉しみとして、ぼろぼろの安アパートを借りる。そこでひとりのんびりとテレビを観たり、缶ビールを飲んだり。。このささやか加減が、何だか泣かせます。。そんな彼に何としても賄賂を受け取らせて、仕事をぶんどろうと画策する悪徳業者。とーとーその罠にかかってしまいそーになる部長を、いつものごとくスーパーサラリーマン只野が救うってゆー内容でござりました。

そこに、口車に乗って全身整形をして、悪事に加担しちゃう愚かな女もからんでくるんだけど、人間はやり直せるよんってゆー救いを残した終わり方が悪くなかったっす。。。。でも、ギャバクラ・ブルーチーズのおねーさん方は、ほんと、ブルーチーズだった。。あ、それと、部長の指毛もブルーチーズ並みに濃厚だった。。劇画だもんね。。でも、あの指毛はモノホンッ?!


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
8月22日(金)オンエア分:★★★と五分の一

いやーん、エロエロ且つ有り体の常道路線なのに、何げに後味悪くないかもしれないっす。自分の立場に悶々とする、でもどこか世の中なめ切ってるアイドルまひろに「お前にじゃなく、お前が稼ぐ金にみんな頭下げてんだよっ!」とか、「今日び、生きたくっても生きらんないヤツが一杯いるんだよっ」とか、哀れだけど小生意気な女子まひるに、ずばっとおっしゃる只野っ。いやはや、胸すく思いってのはこーゆーものでしょーかねー(親父かっ?あたくしは)。

加えて、そのまひろ役の女子のお見事な脱ぎっぷりっ!そのHなシーンもぐねぐね引っ張らないとこがよろしい。バストトップを見せるか見せないか、ってのは世の中の女優ちゃんたちにはすごくオオゴトらしい。それは勿論その人なりのこだわりでいいと思うんだけど、でも女のあたくしから見ても「全身ハダカなのにそこだけ異様に隠すのは不自然極まりない」と思うことも多々ございます(特に肉食獣○姉妹とかね。。)。ゲーノーカイ染め世の中の虚構の世界を淡々と描きつつ、それに癒されるサラリーマンもいる・・ってシメが、シブイ。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
8月29日(金)オンエア分:★★★と四分の一

高橋克典って、和犬だ。その見た目きりりとした風情で、思いっきり尻軽なとこがいい。ソーセージギャグのとこなんて「あーあ。。」と思いつつ、この軽ん軽んな設定を、腐らずにやってるとこがなかなかエライ。よしっ、ジャーキーあげよっ、おいでー、わんわんっ。すびばせん、遊んじゃって。。同じよーな意味で、東幹久もどんどんコナレてきていらっしゃる。コナレル・・、コワレル?最近すっかりバラエティー班にも足突っ込んでて、新たなポジション獲得さればしたわね。まっ、例のごとくオハナシはたわいもない内容だけど、これはこれってお約束だからねっ。

あ、でも、ライトなエロ劇画ドラマだからいいと言えばいいんだけど、どーしても梅宮パパが大手代理店の会長には見えない。どーしても漬け物屋さんか、今回なら敵の総会屋さんに見えてしまう。やっぱ津川雅彦とかがいっかなーと思うけど、そしたらいつぞやの金太郎になっちゃうか。。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8話
9月12日(金)オンエア分:★★★

今回も冒頭から大サービス。。深夜枠の割には視聴率も良いらしいのに、変わらずエロ劇画に徹してらっしゃいます。勘違いしてヘンに高尚にしたりしないところは、ホント偉いわっ。でも、でもっ、そーも思いつつ、もすこしだけ深みってモンがあるといっかなぁと思うあたくし。今回でゆーならば、美人妻ナミコ(名前はウケた)が、憎い仇である銀行頭取の旦那を恨みながらも、実は深く思うよーになってしまっていたとかね(若干そーかな?って感じもあったけど、結末見るとそーじゃないみたいだったし)。

ま、殿方には今のままで充分かもしれないけど、その辺がもう少し掘り下げられると、厚みが出てくるかなぁ、なんてね、思いますの。。だって、敢えて書くことないんだもーんっ


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9話
9月19日(金)オンエア分:★★★と半分

今回は、お色気サービス以外にも見どころいっぱいだったわ。冒頭の階段転落シーンの空中遊泳風アクロバット技に、高橋アニキと永井くんのキスシーン。でもいっちばんは、アニキ扮するオカマのヤマモトトラオっ。1:9(2:8?)分けのこってりヘアに、オネエ言葉に、バッグはお買い物カゴ風にひじにかけて、小指はピンっ。でもって、内またクネクネ歩きのままで、悪人たちをバッタバッタとやっつけちゃうし、オカマ係長大活躍っ!これまでもこのエロ娯楽劇画に、きっちり染まろうと努力してこられたのは分かってたけど、思ってた以上にサービス精神のある高橋どのっ。

その精神の柔軟さに、かえって男らしさを感じたあたくしでございます。つまんないとこで男の沽券を振り回されるより、こーゆー潔さや軽やかさのある方が器の大きさを感じる女子はけっこー多いと思うわ。オカマな彼に、男気を感じる。。ミョーっちゃ妙だけど、だってそーなんだもんっ


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終話
9月26日(金)最終回オンエア分:★★★と半分

最終回は、子会社出向(実質リストラ?)になる中年サラリーマンが、偶然手に入れた銃で会社を脅し、意のままに企業を動かして鬱憤を晴らす・・、でも裏ではそれをまた利用して会社を恐喝するもっと悪い奴がいてどーのこーの、というお話。

物騒な今なら、現実でも起こりそうだな、こんなことって。結局いつものごとく、只野係長の大活躍で事態は収拾されるんだけど、最後に中年サラリーマンに言ってた言葉が、なかなか印象的だったわ。「銃なんて持ってても、ちっとも自由じゃない。大体、何でおまえには会社しかないんだよ?!」みたいな台詞。会社を恨んでるくせに、その会社のためにこんな銃を振り回して、自分の人生駄目にしてどーするんだ、っていうのに「ほぉ?なかなかいいこと言うじゃんっ、只野」と思ったわけです(このドラマで、台詞でこんなふうに思ったのは初めて、かも)。

エロエロ劇画ドラマだったけど、ちらりほらりとこんなメッセージもあったりして、また娯楽に徹してるところが、ありそでなかったドラマだったわ。でも、只野係長も死ななかったし、長い有給休暇終えたら帰ってくるかもしれないから、おとーさんおねーさんも良い子で待ってましょーね。・・・それにしてもテレ朝って、深夜枠ではたまにヒット出すなぁ。ゴールデンタイムでも、刑事はみださせたりはぐれさせたりするばっかりじゃなくて、もっと頑張ればいいのに。。
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特命係長