LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「高原へいらっしゃい」

TBS/木曜:夜10時 <2003年7月3日ー9月4日>

テレビ番組 TBS
テレビドラマレビュー:「高原へいらっしゃい」

(出演/佐藤浩市、井川遥、西村雅彦、余貴美子、菅原文太他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
放映前期待度:★★

何でも30年近く前に放送された、同名ドラマのリメイクなんだそーで。現在は失業中の元有名ホテル支配人だった男が、高原に立つ小さなホテルを再建しながら、自らの人生をも立て直していく・・らしい。いかにも「TBSは良心的ドラマを作りますっ」ってゆー香りがしそうだわ。。がっ、「意外とイガワですっ」の井川遥が、主役級?すっげー、大冒険。。西村雅彦さまも出てる。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
7月3日(木)オンエア分:★★と半分

最初からものすごい不協和音の大合唱。だってぇ、西村雅彦副支配人も言ってたけど、すっごい何もかんも考え甘いんだもん。たまたま居酒屋で出会った子とか、泊まってるカプセルホテルのフロントから聞き出した店のウエイトレスとか、そんな人たちスカウトしてきて「君の代わりはいないんだぁ!」って言われてもなぁ。。あたくしも、困っちゃうううう。

それにホテルじゃないわっ、あれは。素人、それもペンキ塗ったこともない女子が塗った玄関って、どーよ?学祭のセット?うーん100歩譲って、田舎の素人ペンションだわっ。今後山積みの大問題が解決されてくんだろうけど、こんな甘アマちゃんぶりでコトが進んでったら、怒っちゃうかもしんない。ただ情だけに訴えて、みんなもそれにほだされるよーなら、わたくしが代わりに暴れてさしあげてよ。むふふ


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
7月10日(木)オンエア分:★★

一度失敗した人間が、やり直そーってゆーのはもちろん良いと思うんだけど。。わたくしならこんな行き当りばったりの田舎ペンション(あ、ホテルか?)、やっぱりまだまだ行きたくないわね。。だって問題をひとつひとつクリアにしていく心地よさってのが、まだ感じられないんだもん。断がい絶壁状態の面川支配人も、なーんかまだ甘いってゆーか、こだわらなくていーとこにこだわり、肝心なとこがすっぽ抜けてる。

その中途半端さが観ててイライラってするから、感情移入できないのだわ、きっと。荒削りでも滅茶苦茶でもいーから、誰か登場人物に魅力感じさせてくれないとツライ。。意外性のチキンライスや水道管直したくらいでは、動かされませんぞ。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
7月17日(木)オンエア分:★★と半分

ああ、ツメが甘い。。甘過ぎるわ、面川支配人。いくら一日早かったとはいえ、まだ壁紙貼ってるし、その接着剤臭ってるし、スツール破れてるし、シミつきカーペット敷いてるし、従業員教育なってないし、空の花瓶置いてあるし、ふつー料理の試作するし、リゾートなのに近郊の情報知らないし、エトセトラエトセトラ。。

ホテル評論家の神崎氏は、最低のホテルといいながらも結局評価してたけど、これまた現実離れしてる気がするわ、あたくしとしては。誰も彼も大甘ちゃん!・・・だけど、あんまりボロボロだと観てても気が滅入るばかりだから、こーゆー優しい視線を持った神崎おじさんのよーな人もいるってことで、少し救われたとゆーことにしておきましょ。でも、もちっとヤキ、いや喝入れないとイライラ大復活するわよ。。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
7月24日(木)オンエア分:★★と五分の一

プロが好き。どんな業種・職種においても、その道のプロがやった仕事には感動すら覚える。

だからして、八ヶ岳高原ホテルは・・まだじぇんじぇん駄目っ!あーんっ、面川支配人が集めたスタッフのどこが選りすぐりなのか、わかんないですっ。唯一ホテルマンの経験があるとゆー中原友也があれでは、情けなさ過ぎだもん。お客もちょっとエラソーだったけど、あの程度の困ったちゃんなんて、ごろごろいるわさっ。ホテルマンたるもの、もっと感情を自己コントロールできないでどーする?!

世の中、みーんな厳しい状況でお仕事してて、それがオーバーラップして思わず「うん、わかるよん」って同調したいのに、こんなんじゃできないでしょーが?面川支配人!そんなのは最終回まで取っとくの?えー?それだと、そこまで行きつけるかどーかお約束できないかもかも。。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
7月31日(木)オンエア分:★★と五分の三

なかなか味あわせてくれなかった、代理達成感を今回よーやくほんのちょびっつ味わったわん。

でも、ホントにちょびっつよっ。近くの有名ホテルが格安キャンペーンを始めたせいで、予約がきれいにキャンセルされちゃった八ヶ岳高原ホテル。厳しいノルマどころか、ひとりのお客のあてもないなら、15000円で(通常は23000円だそーです。。)団体客受けた方がいいに決まってると思うんだけどなぁ。

何故に、そこで迷う?ま、結局その団体客を受けて無事済むんだけど、ごたごた迷ってる間にどーすればコストを押さえられるかさっさと考えなさいっ、あなた方っ。どーもキミたち、まだ緊迫感が足りんよっ!これ失敗したら後がないんだから、もっと発想を変えたまえっ。お尻どころか背中まで火が回りつつあるのに、それがわかってるんだかいないんだか。。あのネガティブ河童女にも、つい本気でむかついちゃうあたくし。これって、どっかハマってるんだろーか?もしかして?

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
8月7日(木)オンエア分:★★★と三分の一

まだ「ホテル」には思えないけど、今回はクラブ活動ノリからは進歩したかもしんない。

オーナーからただひとり、ホテルは9月末までだよんと聞かされている若月副支配人(西村どの)が、ひとり悩む姿にちょっぴり同調。これってあたくしとしては、初の感情移入かも。。でもなー、まだ私は行きたくないぞ。若月も言ってたけど、脳天気なんだもん。スタッフ未熟ものだもん。披露宴もしたくないぞ(そんな予定もないが。。)。だって、あの記念品。。

何でもアリのお土産屋で売ってそーな、ホテルの名入りの写真入れ(木に白の書き文字だぜ?それも)、あれっていーのか?素敵なの?カラオケも要らないだろー、ふつー。温泉ホテルじゃないんだからっ。俗っぽい下界から離れてやってくる高原のホテルなんだから、もちっとその辺のセンスがないとなぁ。。別に慇懃無礼でそつがないのがホテルだとは思わないけど、基本があっての崩しでないとねー。あーん、みんな成長してるわねって、ワクワクさせてくれないとオーナーよりも早く見限っちゃうよんっ

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
8月14日(木)オンエア分:★★★と半分

口惜しいが、ホテルとしては徐々に成長してるよーだ。。

なぜ口惜しいかと言えば、まだまだ甘甘ちゃんだからさっ。仲良しクラブのスタッフの中で、唯ひとり同調しない若月副支配人。他のみんなみたいに、ちょっとのことで脳天気にならない現実派。オーナーから秋にはホテルを売却すると聞かされてる彼にとって、すぐぎゃあぎゃぁ騒ぐ甘ちゃんたちに苛立つお気持ち、あたくしはすごーくわかるわっ。それに理性的で一見冷徹なんだけど、実はちゃんと感じる部分もあって、それを簡単にへらへら見せないとこがまたとてもよろしくてよっ。

それにしても、面川支配人も彼の様子を見てたら、気づいても良さそーなもんだけどなぁ、ホテルが夏までってこと。売り上げ確保に執着する若月が、秋の予約が入っても喜ばなかったり、冬場のプランにのってこないんだから。あ、甘ちゃんだもんね、仕方が無いか。。

ふふっ、、でも高熱をおして仕事しようとする若月に面川が「我々を信用しろよっ!」って怒鳴るシーンは良かったぞ。何でも穏便に済まそうとする面川が、あんなふうになるの初めてだもん。それに、あたくしの最も苦手とするタイプの女、麻美がやめたし。あのじとっとした、ねちょねちょした粘着質な風情がほーんと苦手っ。まっ、これは麻美とゆーキャラが苦手ってゆーよりは、純名りさって女優を御遠慮したいってことなんだけど。どの役やっても、いっつも涙目でおどおどしてるのが、駄目なの。すっこーんと抜けた違う面みせてくれたら、考え直すけどねー。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8話
8月21日(木)オンエア分:★★★と四分の三

おーまいがっ、とーとー本物のホテルに見えてきちゃったです。

あのダメダメスタッフたちが、のわんとまともにお仕事してるではないのっ。特にいちばんどーにもならなかったネガティブ河童女・山村が、ご成長遊ばしまちた。あーんなに箸にも棒にも引っ掛からなかったのに、お客様の持ち物見て向日葵が好きと見抜いて、お部屋にお花飾っちゃう、なんて離れ業をやってのけてたのには、びつくり!カギを無くして困ってたトランクも、ひょいひょいっとヘアピンで開けちゃうしねー。お客様もどんどん増えて、お料理大評判の小池シェフも引き抜きの話を断って、まさに順風満帆っ軌道に乗りはじめたのに。。

とーとー、社長が10月には売っ払うちゃおーとしてるのが露見しちゃいばちた。ひとり、この秘密を抱えて悶々としてきた若月副支配人には、ある意味良かった気もするんだけど、でもねー、これでまた動揺して逆戻りになるかも・・。とにかく大荒れ模様は、必至でござります。。あーんもぉ、一時圏外ボーダーラインだったのに、おもちろくなってきちゃったじゃないの。次回を愉しみにするよーになってしまったわ。。ああっ

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9話
8月28日(木)オンエア分:★★★★

あはは・・。まさかの4つ★。自分でも、ちょっとびつくり。

だって、養殖のだらぁんとした魚が、きゅっと身の引き締まった天然魚みたく、歯ごたえあるお味になったんだもんっ。居心地のいい、評判のホテルになった八ヶ岳高原ホテル。スタッフの機転も利くし、急なメニュー変更にも対応できる懐の深いシェフもいる(シェフ役はいかりや長介氏から、同氏の病気で菅原文太氏になったけどそれがかえって良かったかも。

仕事の後でひとりコーヒーを点てるシーンとか渋いっ。いかりやさんは好きだけどね)。でも好調なことが逆に、ホテルを投機の対象としてしか考えて無いオーナーには、値を釣り上げる好材料になってしまうという不条理さ。頑張れば頑張るほど、オーナーの思うつぼになっていってしまうわけで。。

一生懸命いい仕事をしていれば、報われると信じたい。でも、そんな時代じゃないのかなぁ、今って。お金は大事だけど、でもお金だけでいいのかなぁ。くぅっ、すごい青臭い気持ちになっちゃってるじゃないのっ。どーしてくれるのっ?ドラマの中の展開と、このドラマが打ち切りになるという偶然も、あまりにも皮肉で、胸がきりきりいたします。。当初あまりに甘い流れで、さんざんこき下ろしたあたくし。そのあたくしが言うのもなんだけど、この2〜3回は良いドラマになってきてると思うわ。ぐれないでね、ドラマの皆さま方。。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終話
9月4日(木)オンエア分:★★★と半分

ホテルはやはりオーナーの目論見通り、ユナイトホテルに高額で買収されて、スタッフは全員ホテルを去ることに決定。それを承知しながら、八ヶ岳高原ホテルとしての最後の5日間、お客様をこれまで通り淡々とにこやかにもてなすスタッフ達。

最後の日も、それぞれにこのホテルでの日々がいかに自分にプラスになったかを言い合い、感謝の言葉を口にして立ち去っていく。。

1年後、ホテルスクールの講師として働く面川は、家族でホテルを訪れると、そこにユナイトの看板はなく、営業もしていない。いぶかしげに思う彼の前に現れたのは副支配人だった若月。そして、気がつけば他のスタッフも集まっていて、再び八ヶ岳高原ホテルは再スタート、で、めでたしめでたしっ。

にょほほっ、すごい甘いでしょっ?青臭いでしょっ?恐ろしくハッピーエンドでしょっ?

まっ、細かなエピソードはいろいろあったんだけど、ざっとこんなもんですっ。

・・・実のところ、また血迷って4つ★にしよーかとも思ったの。ラストはこってり甘口で、お砂糖の塊みたいだったけど、「でもこれはこれでいーじゃないのっ」と、あたくしの中の天使ちゃんがそそのかすので。。

それにねー、甘いには甘いんだけど、後味が悪くはなかったの。現実はそうそうこんなにうまくは行かないだろーけど、こーゆーのも悪くないかなと思って。人は嘘をつくから嫌いで、数字にしか興味がなかった若月が心開いて、ホテル売り飛ばした人間としては最低のオーナーにも頭を下げて見送れるまで成長したスタッフがいて。。

で、あれこれあれこれ考えてたら、最後には3つ★でも4つ★でもどっちでもいっかなーって。いーかげん過ぎっ?へへっ、すんまへんなぁ。。まっ、心に残るモノは残ったし、こんなホテルもあったらいいなってことで、ねっ。
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高原へいらっしゃい