LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「笑顔の法則」

TBS/日曜:夜9時 <2003年 4月13日ー6月22日>

テレビ番組 TBS
テレビドラマレビュー:「笑顔の法則」

(注目出演/竹内結子、阿部寛))
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
4月13日(日)オンエア分:★★★

最初の方で、真っ赤な振り袖姿で大荷物持って、裾振り乱して走り回るシーン、この間も似たようなコト書いたけど、こーゆーのもう意外性ないと思うんだなぁ(ロンバケの山口智子の時は新鮮だったけど。。)。

なぁーんて最初からケンカ売る気じゃないのよ、ごめん遊ばせ。

明日からの仕事に備えて日曜日の夜にぽーっと観るにはいいかも(えーん、ホントにケンカ売ってませんてば)。そ、そ、印象に残ったセリフがひとつあったわ。阿部ちゃん演じる売れっ子漫画家が「イヤイヤ描いたものがバカ売れする、その気持ち悪さがわかるか?」ってヤツ。そーなの、なーんでこんなモノがこんな人気あるの?って思うこと、よくあるもん。

問題児漫画家の阿部ちゃんが来週どーなるか、ちょっとお楽しみぃー。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
4月20日(日)オンエア分:★★

人と人の間にいて、人間と云う。ふ、何とか先生みたいなこと言っちゃってみまちた。。人が人によって変わっていくって、不変のテーマだったりする。人に出会い、憧れだったり軽蔑だったり失望だったり尊敬だったり、様々な感情を持ちながら影響を受けて、人は変わってゆくわけだーね。

でもこれって、とーっても個人的なことで、そのプロセスで他の人間も感動させるって、そーそー簡単なことじゃない。まずは裕美(竹内)に感情移入できないとダメなんだけど、どーもできないんだなぁー、これが。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
4月27日(日)オンエア分:★★

日給五千円、一週間三万五千円、一ヶ月で大体十五万円。旅館の滞在費は会社持ちだろうし、食費も光熱費もかかんない・・。そりゃ24時間張り付きかもしれないけど、それにしてもこのバイトっておいしくないかい?もともと会社クビになってて、仮に失業保険もらったとして23歳のふつーのOLだったら五千円あるかないかってとこだろうし。

それに夜はちゃんと寝てるし、してる仕事って主にハンバーガー買いに走るくらいだし、温泉だって入れるし、おいしいお料理食べられるし、服装自由だし、でもってなんだかんだであーだこーだ。。。

へへへ、あんまり時給200円200円ってずーーーーっと言ってるから、お返ししてあげた。旅館で働くお兄ちゃんのお給料も3年間横ばいとか言ってるけど、この大不景気の真只中、減ってないだけでもいいんじゃないのん?

どーも、世の中の感覚わかってないなぁ。毒にも薬にもならないから、ぬぼーっと眺めるにはいいかも・・!


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
5月4日(日)オンエア分:★と半分

プロの仕事とは何ぞや?とゆーのが、今回の教えらしい。。

となりのハイムさん。じゃなかった、漫画家阿部ちゃんが昔お世話になった編集者ハセガワさんが定年になるので、最後の仕事を一緒にしたいと依頼してくる。
他社の仕事は絶対にダメという約束だったが、恩人の頼みをききたい阿部ちゃん。

当初反対した竹内嬢も阿部ちゃんの気持ちを理解して協力し、本来の連載分以外にハセガワ氏の依頼分も何とか仕上がるのだが、当のハセガワ氏が「これは君の力が出ていない、君の将来に関わるから、気持ちだけ受け取る」と言う。。まぁ!本当に阿部ちゃんを大事にしてるハセガワさん!!・・なんて、私は絶対思わないぞ。

同時進行で滞在してる旅館でも同じようなことがあり、『万全のことができないならやらない方がいい、それがプロだ』という結論が導かれていくんだけど。。

あっのね、大体ハセガワさんもプロなら、最初から頼むべきじゃないでしょ。かけもちって、知ってるんだし。うーん、なんかイライラするぞ。
すっげぇ長くなりそーだから、もうここでやめるけど、納得いかないっ!


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
5月11日(日)オンエア分:★★と半分

今回の「女将さん’sじんせーの教訓」は、同感。そーなのよ、今は無理なんて言ってる人は実はずーーーっと無理なのっ。はっきり言うと相手を傷つけるから、なんて言ってる人は、実は自分が傷つきたくなーいと思ってるのっ。だから、今日はすっきり気分で拝見しましたわ、女将ちゃん。ぱちぱち。

物語はちらり恋愛モードも入ってきたけど、やっぱそれなら竹内嬢とハイムさんでしょう。顔が暗い人たち(女将の息子、仲居)は、暗いチームでどーにかなっていただくとゆーことでよろしく。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
5月18日(日)オンエア分:★★★(ちょいおまけ気味)

祐美(竹内結子)に、やっとこさ感情移入ができたわ、ちょびっつだけどね。だって今までは、まさしく「意味無し女」だったもん。やたらバタバタしてるだけで、感情の機微ってヤツが感じられなかったけど、今回は「ふーん、そーゆーこと思ってたりするんだ」って、ちょっと距離が近くなった感じ。

ま、しかしだね、お酒も恋愛も逃げ場所にしないってのは、現実的にはなかなか難しいことよん。じんせーリセットが効かないって、今や子供ちゃんもわかっちゃってるこの時代、せめて逃げ込むモノがないとあっぷあっぷしちゃう。その辺ご立派すぎだわ、倉沢祐美。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
5月25日(日)オンエア分:★★と半分

今回は、人間誤解された時どーするかってオハナシ。。はい!先生、単純な疑問ですっ!!どーして、もっと冷静にきっちり説明しないんですかぁ?倉沢祐美は疑われて、何の説明もせずにいきなり逆上。派手に荷物まとめて飛び出したから、てっきり東京帰ったのかと思いきや、近所にいるしぃ。あそこまで、ぷっつん来たのなら帰っちゃう方が自然だと思うんだけどなー。

女将ちゃんと息子のエピソードはまぁ良かったけど、でもすこーんとなんか乗れないんだもももーん。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8話
6月1日(日)オンエア分:★★★

人騒がせな女、倉沢裕美。竹内結子は嫌いじゃないんだけど、どーもこの主人公はぎゅってつねってやりたい衝動にかられるわ。。原稿は汚すし、せっかく描き直した原稿はなくすし、携帯は充電してないし、っとに、注意力散漫過ぎっ!

ん?その割には★みっちゅ?へへ、だってハイム桜井(アパートじゃないよん)との恋模様はちょっと気になるんだももん。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9話
6月8日(日)オンエア分:★★★

おいおい、最終回かと思ったぞ。いつも早合点で突っ走る人騒がせ女倉沢裕美が、珍しくまともに動いて大演説をするし、礼次郎は漫画芸術大賞授賞式で意味ありげな挨拶するし、これでふたりの恋は決定的?!と思いきや。。あ、そーか、まだ2回あるもんねー。もうちょっと引っ張らないとねー。

それにねー、二人がどーなるか気にはなるけど、「んーもぉどーなるのぉっ?」って、ドキドキやきもきしないの。きゅーーん、切ない!ってならないの。だってぇー、感情移入しづらいんだももーん。がしっと引きずり込んで欲しかったのに。。残念だわ、ハイムさま。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第10話
6月15日(日)オンエア分:★★と半分

人数が多けりゃ良いってものじゃないけど、おにーちゃん、さびしー結婚式だったな。友達とか親戚のひとりもいないのかしらん。お嫁ちゃんの方はともかく、婿側が妹とハイムさんと旅館の息子ってのは。。ちょびっつ、不思議である。

さて、連載の延長や柚原の今後とか、いろいろ問題は持ち上がってるのに、「んもぉ、どーなっちゃうのっ?!」ってゆーハラハラ感がやっぱりないわん、来週は最終回だとゆーのに。。ううっ、何かココロにお土産残していって欲しいのにこのままフェードアウトしそうだ。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終回
6月22日(日)オンエア分:★★

きゃはっ、きゃははは、ははは・・。ふぅ。。。どーしよー。。そーだ、なぜなぜダイヤルしてみよっと。ぴっぽっぱ、あ、あのぉ、どーしてハイムさんが1200万円出すんですか?どーして自業自得って言ってた元仲居さんたち、揃って戻ってきたんですか?どーしてあんなに厳しい女将ちゃんなのに、柚原の従業員達はあーなんですか?えっと、それからそれから、とにかく何もかもどーしてなんですかぁああああああー?

そーよっ!フィクションなのよっ!作りごとなのよっ!おかしいなんて思っちゃダメなのよっ!これで感動する人もいるかもしれないでしょっ?(いるんだろーな、何でも好意的に受け取る善意の心のきれーな人々)きゃははは!
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 笑顔の法則