LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「ホットマン」

TBS/木曜:夜9時 <2003年 4月10日ー6月19日>

テレビ番組 TBS
テレビドラマレビュー:「ホットマン」

(注目出演/反町隆史)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
4月10日(木)オンエア分:★★と半分

あのぉ、これはアトピーと闘うドラマなのか?そりゃアトピーって確かに大変だけど、どーも状況の設定にすんなり馴染めない。それとバラバラの異父姉弟のキャラもあまりにも定番だから、新鮮みがないぞ。

お母さん代わりの優等生的お姉ちゃんに、ちょっとやんちゃな弟や今どきの女子高生。今後、それぞれの兄弟にいろーんな問題が起きてきて、特に優等生お姉ちゃんは不倫の恋なんかしちゃったりして・・?いえいえ、そこまでイージーじゃないよねぇ?ねっ?


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
4月17日(木)オンエア分:★★★

教師ってそんなにお給料少ないかなぁ?いくら新米でも、妹のOL志麻ちゃんとあわせて30万って、ひっかかるぞ。いや別にあら探しばかりしてるワケじゃないのよん。ただそーゆーとこに引っ掛かると、そこで足踏みしちゃって入り込めないんだもーん。でも、ひよこみたいにかわいい七海ちゃわんは、反町とホント仲良さそうで、親子っぷりは二重丸あげちゃう。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
4月24日(木)オンエア分:★★★

ふむ、好みは別として、回を重ねるごとに全体の雰囲気がしっくりしてきた感じはあるなぁ。何と言っても、七海役の子が芸達者。

子役特有の嫌らしさみたいなのがあんまりなくて、ぽわわんとした表情とかが子犬みたい。志麻ちゃんは不倫じゃなかったけど、やっぱり訳ありの恋人がいたねー。もうひとりの妹ひなたはいかにもっていうトラブルに巻き込まれそうだしぃー。その辺とかは、当初の予想通り過ぎて、いやはや何ともだけど。

だんだん存在感が増してきた雪水は、七海の母かも。え?単純すぎ?そいでねぇー、母は雪水だけど、父はエンゾじゃない、って踏んでるんだ。それでもエンゾは七海と親子として暮らしていく、ってのがゴール。当ったるかな?大予想!


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4話
5月1日(木)オンエア分:★★

妹のひなたって、演歌歌手みたいだ、顔が。そー見えるのは私だけ?あっ、そ。
ま、いいんだけど。
今回も仲良し健康感動家族の巻だったわ。ふぅ、こーゆーの不得手なのよね、実は。

え?もうばれてた?へへ。だってー、熱血なんだもん、みんな。熱いんだもん、みんな。直球なんだもん、みんな。こーゆー世界は、こーゆー世界が好きな皆さばにおまかせしちゃおっかなぁそろそろ。。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5話
5月8日(木)オンエア分:★★

うーむ、困った。先週も困ってたけど、今回も困ってるの。。何とか同調できるとこを探そうと、努力はしてるのよん。でも、でもね「それで、どーした?」って口走ってるの。

みんなが七海ちゃんを喜ばせようとするほほえましい家族愛とかぁ、子供の残酷なとことかぁ、思いやりのズレとかぁ、ふんふんと観てて、でも「それで、どーした?」。。。あははは。どーしよー。
母親の正体とか、次回は火事で大変そーだから、もいっかいは観るけどね。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6話
5月15日(木)オンエア分:★★★

ありゃりゃんりゃん、七海のママ予想大はずれぇー。雪水がママで、パパはエンゾ以外の人ってゆーのが、私の読みだったのにー。へへへ。でもエンゾがパパじゃないってセンは捨てないぞ。。

圏外すれすれだったのに、今回でちょっぴり持ち直し。火事は起こるし、薄幸系美人の志麻ちゃんの今後も気になるしで、切れかかってた糸が結び直されちゃったわん。ま、この調子で頑張っておくれすぅ。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7話
5月22日(木)オンエア分:★★と半分

火事で住めなくなった家の修理費を稼ぐために、降矢家は全員バイト漬け。あのちょっぴり脳天気キャラの美鈴センセまで、スナック竜子でバイト。。

あのぉー、貯金っつうモノはないんでしょーかねー、ここいらの方達は?破たんするのが見えてるのに、無理を重ねてかえって傷口を深くするってのが、あたくし苦手なんだもん。そーゆーのでは感動どころか、息苦しくなってくるんだもん。

何だか、疲れちゃった。。ひなたや灰二・龍之介のチチたちに、お金借りてちゃんと返済してくとか、もちっと何か手を打ってもいいと思うんだけど、ダメ?あ、そ。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8話
5月29日(木)オンエア分:★★と半分

いつもながらの、家族!絆!感動!の大合唱。えっ?ひねくれもの?根性ねじ曲がってる?へへっ、ピンポーンっ。そーですっ、私がひねくれものですっ!そんな私が感情移入できるのは、美鈴せんせぐらいかなぁ。あ、父・四狼も悪くないかな(なぜオオカミなのだ?)。でもなぁ、どーもここの世界って、もぞもぞして、背中がカイカイってなって、ついよそ事に目が行っちゃって、あくび出ちゃって、眠くなっちゃって。。だはは、向いてないんだわっ、やっぱり。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9話
6月5日(木)オンエア分:★★と半分

元族とか元ヤンキーの方々って、ある時が来ると憑き物が落ちたみたいに、じんせーの軌道修正ができちゃうみたいだなぁと、常々思っていたの。でもって、妙に家族思いになったり、清潔好きだったり、こまめだったりもするよね。持ち家指向強いし、節電なんかも積極的だったり、チラシで箱作ったり・・(あ、これって薬丸くんだけ?)。

その直球的迷いの無さ加減が、どーもわたくしとは相容れないのでしゅ。いや、別にですね、それが悪いわけじゃないんだけど、ま、私はそーゆーことです。。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第10話
6月12日(木)オンエア分:★★と三分の二

うーん、やっぱ歯が浮く。。あたしって、ひねくれ者?エンゾと志麻ちゃん、美鈴先生のそれぞれの考えを言い合うシーンは悪くなくて、そーそーこういう感じはいいのよっと思ったりもしたんだけど。。ふむふむと思ったのは、そこんとこくらいっす。

ところで七海ちゃんは、お口がへの字のアヒルっぽいとこはかあいいけど、どこか老成した感じがおありだわ。。でもって誰かに似てるなーと思ってたら、火垂の墓の子だった。二人とも無邪気そーでいて、何かすこんと子供らしいとこがないよーな、胸に一物持ってるよーな。。ちょと、こあいっす。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終回
6月19日(木)オンエア分:★★と半分

別にね、涙と笑いのハートフルってのも一路線としてはあると思うのよ。。でも何だか偽善的な香りがするの、あたくしには。それに脳天気なら脳天気でいいんだけど、すっこーんと抜けてないのよねん。人間的なかわいらしさを感じるのは美鈴センセーくらいで、物語の中心になる肝心な降矢家の面々が魅力的でない。。

ビンボーなのにやたらきれいなお家とかも嘘臭い。

サイトのぞくとみーんな感動の大合唱で、感動できないあたくしがヘン・・・?って思ったりもしてみたんだけど。。いーえ!そんな気弱なことじゃいけなかったわっ!あー、つまらなかったぁーーーー1!
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホットマン