LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


「離婚弁護士」(予告+第1話)

フジテレビ/木曜:夜10時<2004年 4/15ー6/24>

テレビ番組 フジテレビ
テレビドラマレビュー:「離婚弁護士」
(出演/天海祐希、玉山鉄二、ミムラ、佐々木蔵之介、久我陽子、陣内孝則、津川雅彦他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
放映前期待度;★★★★

女性の弁護士ドラマって、最近多い。そーゆー意味で新鮮味はあまりないのだけど、天海祐希嬢が主演なのと、『離婚弁護士』という絞ったテーマにちょっぴり面白そーな気がいたしております。。

東大在学中に司法試験に一発合格し、その後一流弁護士事務所に勤めていた超エリートの間宮貴子(天海祐希)は、自信満々で独立するが元の事務所の妨害に遭って仕事やスタッフを失ってしまう。何とか人をかき集めて事務所を作ったものの、望む企業相手の仕事ではなく、生身の人間を相手にする離婚訴訟を不本意ながら扱うことになる。。
とゆー感じの設定でございまして、毎回大物ゲストが登場するのだけど、第一話のゲストは竹野内豊殿(→ほほっ、これだけで★が半個増えちゃったりして)。

一般的に弁護士というと、離婚とかそれに伴う子供の親権争い、遺産相続といった個人訴訟や、もしくは刑事事件を想像するのだけど、当の弁護士センセイたちの間では、『企業相手の顧問弁護士』が最も人気が高いのだそう。中でも海外の企業も相手にする『渉外弁護士』は、多額の顧問料とステイタスの両方が得られるまさに弁護士界の超エリート

主人公はそんな超エリートから挫折して、気苦労多く手間ひまもかかる割には収益が少ない『家事事件』を扱う、ということになるらしい。ま、乱暴に言っちゃえば弁護士負け犬になるのだけど、そこで人として目覚めていく、らしい。

弁護士の世界にも、そんな階層があるわけね・・それでも一般人から見たら、ただ弁護士というだけで「ほぉー」と思っちゃうけど。。
でも、そんなあたりにも注目しながら拝見いたしたいと思います。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1話
4月15日(木)

見たには見たが、風邪でダウン。。いきなり、レビューお休み。
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚弁護士

「離婚弁護士」(第2話)

テレビ番組 フジテレビ
テレビドラマレビュー:「離婚弁護士」
(出演/天海祐希、玉山鉄二、ミムラ、佐々木蔵之介、久我陽子、陣内孝則、津川雅彦他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2話
4月22日(木)オンエア分:★★★と四分の三

ああ、何だかホッとするわん。マジメモードのドラマが多い中で、こーゆー遊びに溢れたお味は気持ちをゆったりさせてくれて、でもしみじみする部分もあって、おいしいお菓子ブランデーたっぷりの熱い紅茶でいただいたよーな、そんな気分で拝見いたしました。

多難な独立となった弁護士の間宮貴子(天海祐希)が、ちょっとしたトラブルからお水な女・奈緒(中越典子)の慰謝料取り立ての依頼を受けるハメになる。見るからに軽薄そうでどうしようもない奈緒の依頼は、別れた愛人・加々美(林隆三)から慰謝料1億円を取って欲しいというもの。贅沢三昧の生活をして、どーせお金目的の割り切った関係としか見えなかった二人だったが、実は奈緒は奈緒なりに本気だったことが分かってきて、間宮貴子もどうすることがベストなのかを考え始める。そして、最後は奈緒の未来へのお膳立てをしてやり、まずは一件落着。。

ま、乱暴に言っちゃうと、こんなストーリーだったのだけど、ほろ苦くて少し甘い結末も、大人だけど少しかわいらしくもある登場人物たちもとても魅力的で、あたくしとしては久々にココロがゆるゆるぅと和みました。

それにまあ、何と言っても「これぞ天海祐希の在るべき正しい使い方」がされていて、そこが彼女のファンとしては心地よい。ちょっぴりガサツでシャキシャキした女弁護士、だけどただの高ピー女じゃない可愛らしさがある・・という、ま、ある種のパターンと言えばそうなのだけど、こーゆーキャラはやはりお上手っ。『女が好む女』のツボに、ぽんぽんっとハマっておりますです。

前回気になった「気持ち悪くなる画面の揺れ」も無く、映画っぽいフィルムのようなきれいな画像に、挿入曲のノラ・ジョーンズのけだるいメロディ。ニヤリとさせるテンポ良い会話(奈緒が間宮貴子に「もうシャワーの水もはじかないでしょ?」と突っ込むと、「いーえ、はじくわっ、脂性だからっ」というのが・・ウケた。今度からあたくしもそう言おう。。)。

一癖ふた癖ありそーなスタッフたちも、これから何かとやらかしてくれそうで、そのあたりも楽しみっ。理屈抜きにクフフと遊べる、大人の娯楽ドラマでございます。
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚弁護士

「離婚弁護士」(第3話)

テレビ番組 フジテレビ
テレビドラマレビュー:「離婚弁護士」
(出演/天海祐希、玉山鉄二、ミムラ、佐々木蔵之介、久我陽子、陣内孝則、津川雅彦他)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第3話
4月29日(木)オンエア分:★★★★

宝塚には今もって「いったい何がどこがおもしろいんだろ・・?」とゆーあたくしなのですが・・、天海祐希さまって、ホント男前だわっ。素敵だわっ。きれーなのにカッコいいのに、笑えるわっ。
ストーリー自体は、特に斬新とゆーわけじゃないけど、これまでのいろんなドラマのエッセンスを集めた感じだけど、でもきちんと作り込んであって、適度に洗練されてて、すんばらしい。小品ながら上質な味わい、ってヤツなの、むふふ。。

今回は、離婚した夫婦が一人息子を巡って争う、とゆーお話。浩志(吹越満)と真純(河合美智子)の夫婦は、4年前に離婚親権を取った浩志はそれ以来、食事にも気を配り、息子の翔太を賢明に育ててきた。でも、真純が今になって子供を引き取りたいと言いだし、あれこれ揉めているうちに勝手に翔太を連れ帰ってしまう。

そして、浩志から相談を受けた事務所の面々は、真純が不当に翔太を拘束していると訴える『人身保護請求』を起こすことにするのだが、成り行きもあって、柳田(佐々木蔵之介)が浩志の代理人、貴子(天海ハンサム祐希さま)が翔太の代理人を務めることになる。。

翔太の代理人である貴子は、彼がどうしたいのか本当の気持ちを聞きだそうと、あの手この手でアプローチするが、なかなか本心を言わない翔太。。ちょっと小生意気な翔太に手を焼きながらも、彼を一人の意志を持つ人間として、仕事上のクライアントとして向き合う貴子(このあたりが、観てる側を、笑わせながらも気持ち良くさせちゃうの)。

そして貴子は、やがて「父親のことも好きだけど、家事もろくにできない母親をひとりにはしておけない」っていう、翔太の気持ちを知り、彼の希望に添った結果へと持って行く。

内心「このクソガキがっ」ってところもありそうだけど、ちゃんとデリケートな気持ちも分かろうとし、その上でさらにきっちり弁護士としての仕事も全うする貴子が、惚れ惚れするわんっ。わんわんっ。

今回のお話を観てて「僕と彼女と・・」をイメージした方も多いとは思いますがそれでも最後までダレることなく拝見できたのは、脚本演出、キャストの皆様の力量ってとこでしょーか。

まだご覧になってない方にも、おすすめのドラマでございます。。
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚弁護士