LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


南極大陸


「何のかんのと言いながら・・・・の巻」

そろそろ秋ドラマも中盤にさしかかって参りましたが、その中でも何かと注目を集めている「南極大陸」(毎週日夜9時〜、TBS系)。スタート時は”今期ドラマ中、最高の視聴率をマーク!”と盛り上がったかと思えば、2週目以降は数字が下がった!とまたまた大騒ぎ。
ただのドラマ好きから見れば、自分にとって面白いか・そうでないかだけで、視聴率の上がり下がりはあんまり関係ないのだけど、良くも悪くもみんなその動向が気になってしょうがないみたいですね(苦笑)。

さて、数字のことはともかくとして問題はその内容ですが・・私の素直な感想は「和洋中全部入れちゃった豪華すぎる幕の内弁当」でした。主演の木村拓哉をはじめ、綾瀬はるか、香川照之といった方々に加え、あの芦田愛菜ちゃんまで登場する贅沢で多彩なキャスティング。要所要所でベテラン俳優さんたちも配されているし、犬好きにはたまらない芸達者なわんこ達もいっぱい。さらに映画並の壮大なロケを敢行し、CGも多用、主題歌は中島みゆき嬢・・と、まさに”これでもか状態”。
どこを取ってもものすごいお金がかかっていそうで、数字は関係ないと言いつつも「これで視聴率取れなかったら、大変なんだろうなぁ・・」と心配になるほどでした。そして、いざ始まってみたら・・。

まず初回スペシャルは、単純にみんなが黒髪で、何かとっても清々しかったなぁ(そこかよ?って感じですが。笑)。それに、いろいろ突っ込まれているようだけど木村くんの短髪も私には新鮮に映りましたし、あの当時の日本の状況や、あの頃の日本人の良さみたいなものも伝わってきて、ドラマへの導入としてはほどよくまとまっていたと感じました。

ただ、2回目以降はやっぱ”幕の内弁当”になってきちゃったかなぁ。それもエビフライを頬張ってると、いきなり鶏の唐揚げが来て、そうかと思うとだし巻きを食べさせられてるみたいな幕の内の椀子そば状態。とにかくいろんなエピソードの詰め込み過ぎで、ひとつひとつの味が分からない、味わえない。それで見終わると何だかどっと疲れちゃうんです。

いろんなトラブルは本当に起きたことばかりのようだし、実際この時点では”全員南極素人集団”だから何かにつけ詰めも甘く、予期せぬアクシデントは山ほどあったのでしょう。そういう意味では史実に忠実であろうとしてるのかもしれないけど、もうちょっと絞り込んでくれないと「あら、この人たち、また何かトラブってる」と何だか目線が醒めてきてる感じなんです。
大変だったんだなぁ、でも頑張ってたんだなぁとしみじみしたいのに、変に感動的に持っていこうとする演出や音楽も少々鬱陶しくて、見てるとイライラしちゃう時があるのがホント残念。

でもねぇ・・健気な犬たちが、特にリキのあの眼差しが、もうたまらんって状態の私。何のかんの言いながら、見続けちゃうのかなぁ・・。





●関連情報>>綾瀬はるか カレンダー



・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

★楽しく読んでいただけたら
ポチッとね^^)。


banner_02.gif
 blogranking80.gif
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 12:32 | Comment(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。