LINEスタンプ 使ってね

[見つかるZOU:検索窓]3つのSHOPで探し物簡単検索


刑事一代〜平塚八兵衛の昭和事件史〜

「ドラマの醍醐味・・の巻」

6月20〜21日、二夜連続で放送されたドラマ「刑事一代〜平塚八兵衛の昭和事件
史〜」(テレビ朝日系)を、今、録っておいたDVDで2本ぶっ通しで拝見したと
ころ。約5時間近く、さすがに少々疲れましたが、久々にがっつり重厚で骨太な
ドラマを見せていただきました。
主演は渡辺謙さん。今や世界のワタナベとなられた謙さんですが、こうしてテレ
ビドラマでも拝見できて嬉しい限りです(テレビ朝日開局50周年記念ドラマとい
うこともあるとは思いますが、売れちゃうと「テレビドラマはちょっとね・・」
なんて仰る方も多そうですもんね)。

主人公は”捜査の神様”とまで呼ばれた、昭和を代表する名刑事・平塚八兵衛氏。
昔の刑事さんと言うと力ずくで自白させるみたいな、威圧的でおっかないイメー
ジがあったのですが、ここで見た平塚さんはものすごく人間くさい方でした。無
骨で喧嘩っ早いけれど情に厚く、でも情報を得るためなら時には嘘もつくしお金
を握らせたりもする。カンも鋭いけど、それ以上に自分の足で動き地道にウラを
取って犯人をじりじりと追い詰めて行く。単純なようでいて緻密であり、頑固だ
けど柔軟でもあり・・その複雑さが人間なんだと思わされます。

最近の刑事モノだと思いっきり変わり者か、感情が無い天才肌か、あるいは極端
な人情家か熱血漢か、まぁ大体そんなタイプで済んじゃいますが(笑)、平塚さん
はどれでもない。やさしさ、したたかさ、熱さ、冷静さ、非情さ・・、さまざま
な側面が見え隠れして、それを謙さんが本当に魅力的に演じてらっしゃいました。
また、平塚の相棒・石崎を演じていたのが、これまた私の大好物の高橋克美さん。
時に熱くなりがちな平塚をまぁまぁと諫めたり、この人のフォローがあったから
こそ平塚も生きてくるんだなと思える存在感。ハゲてるけど謙さんに負けずホン
トにカッコ良くて、大柄な二人が汗を拭き拭き歩き回る姿はひたむきで、男臭く
て「ああ、昭和の男たちだわ・・」とちょっと憧れてしまいました。

他の出演者の方々も演技派揃いで実に豪華。「MR.BRAIN」のような派手な豪華さ
ではないけど、誰ひとり浮いてなくてしっくりと馴染んでいました。セットや小
道具、ロケ現場も同様で、充分に吟味されていて、他のドラマでよく感じるよう
な違和感がなく物語に浸ることが出来ました(実はちょっと前に放送されたドラ
マで、時代は昭和なのに最新の携帯電話が出てくるドラマがありまして。。あま
りのワケの分からなさに大混乱でストーリーどころじゃありませんでした。タイ
トルは・・言いたいけど我慢しておきます)。

大きな犯罪もあったけど、誰もが必死に生きていた昭和という時代。犯人でさえ
もどこか素朴で、人間らしかった時代。それが三億円事件あたりから少しずつ変
わり始め、今では「誰でも良かった」「人を殺してみたかった」という理由で人
を殺める。もし平塚さんが生きていたらどう思われるだろう。何がいけなかった
んだろう・・。懐かしさだけでなく、深い余韻と思索の時間を与えてくれるドラ
マでした。

刑事一代





●関連情報>>渡辺謙

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

★楽しく読んでいただけたら
ポチッとね^^)。


banner_02.gif
 blogranking80.gif
posted by ちぃ@テレビ旬報 at 16:26 | ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。